fc2ブログ

記事一覧

【障がい者介護班】広告作りました

どうもお久しぶりです。K8ちさとです。

まさかの二ヶ月ぶりです。

心の中では毎週ブログ書いてました。
(もう授業化も三回終わってます。)




ほんと、、、、、、、ねえ、、、、、、、、




さてさて、お元気でしたか??
私は色々ありました。が、ちゃんと進路に向かって進んでいます。
なんてったって 最高学年^_^、



本題ですが、実は4月に我班のPVと広告を作っておりました。
まずは広告をお披露目しますね
報告がおくれてしまい申し訳ございません。




今回の作成において株式会社グローバルウォーク様に大変お世話になりました。
この場を借りて感謝申し上げます。





ドドン



両面です!


お顔はネット上なので?隠させていただきました!



介護5

個人的に左側(つまり表面)にかいたお話が、聞きながらグッと胸に刺さりました。
なのでそのまま、書かせていただきました。


見にくいので、文章を以下に載せておきますね。



『今年で80歳。18の時から車椅子。腰から下は感覚が無い。障害者になった1960年は、障害者に対する差別は今より酷かった。平気で拒絶された。日々、悔しさに耐えてきた。身体障害者が運転できる車がなかったから、自分で作った。トヨタが初めて身体障害者用車を出す前に、自分で構造を学び、自分で改良して、その車で免許をとった。1993年の52歳、周りの反対を押し切ってダイビングを始めた。水中では重い体を支えなくてもいいので、以前のように好きなように動ける。健常者となんら変わらない。水中の方が自分には向いている。

たくさんのことに挑戦してきた。

君も、自分や周りに負けるなよ。

できないことなんてないんだ。


彼の発する言葉は、直接話した者しかわからない重み、強さがある。

この写真からでは知り得ないことがたくさんある。

街で見かけるだけでは分からないことがたくさんある。


私たち一人ひとりが考え、解決しなければならない問題がたくさんある。

私たちが避けてきた問いかけをたくさん投げかけられる。

はっきりとせず、答えのない問い。

考えても考えても分からない問い。


しかしきっとその問いたちはあなたの人生を豊かにする。

そして、私たちは果たして「18で障害者」になることを「想像」できるのか。

先入観をすてて、直接話を聞いてみないか。


一人ひとりの幸せがもっと人を幸せにすると信じて。

障がい者介護班』




どうですかみなさん、



わかった気、知った気、になっていませんか。

「みんな同じ」「普通」という、組み込まれたといっても過言ではない感情、考え方を私たちは常に持っているんです。

大変恐ろしいです。取っ払うのも難しいです。




(私はさっきからなにか書こうとして、けど書いては消して、の繰り返しです。難しいですね。言葉にするって。まとまらないです。)





今回はここまでです!次回!PV!です






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター