fc2ブログ

記事一覧

6月11日 全体ゼミ

どーも

こんばんは!!

K8のゆーとです!!!

暑い日が続くようになり、段々と夏になってきましたね!
今年の梅雨はあまり雨が降っていないと感じるのは、私だけでしょうか?????

先日のゼミについて、ちょっとコメントしたいと思います。

まずは、ビブリオですね、、、

昨日のビブリオの発表者は、

K9がソヒョン、あかり、つだまり

そして、

K8がわたくし、ゆーとです。

昨日のビブリオで、紹介された本、下の4冊です。


ビブリオ


1人目は、ソヒョン!
ソヒョンが紹介した本は、「デザインのデザイン」

現代社会では、デザイン思考が重要視されていますよねー
デザイン思考をはぐくみたい方は、是非この一冊を!!!
デザインって、人のを真似したくなるけれど、それではデザイン思考を持つことはできません。

皆さんも、多くのものに興味関心をもち、あなただけのデザインを生み出しましょう。



20210612_210612_0.jpg

続いて2人目は、あかり!!
あかりが紹介した本は、「マイノリティデザイン」

おっと、2人続けてデザインに関する本!
でも、内容は全く違います!!
まず、この本は、表紙のデザインがかわいいですよねー

人間は誰しもがなんらかのマイノリティ。
一人ひとり、抱える弱さがあります。

しかし、この弱さを世界を変える強さにできたら??

つまり、一人ひとりの弱さから生まれたデザイン!!

それが、マイノリティデザインです。

一冊目とは、違うデザインに対する考え方、興味がある方は、ぜひ読んでみてください!!


20210612_210612_4.jpg


そして、3人目は、私!ゆーとです。
3冊続けて、デザインに関する本かと思いきや、、、
私が、紹介した本は、「行き抜いて、息抜いて、生き抜いて」です。

この本を紹介した理由は、不安な思いや、悩みを抱えている人にぜひ読んでほしいと思ったから。
長い文章よりも短く心に刺さるメッセージの方が、人の支えになるのではと思ったからです。

私からのメッセージではないんですけど、、、

しかし、不安なことや、イライラすること、どうしたらいいのかわからない人には、ぜひ読んでほしい1冊です。

S__22650885.jpg


そして、最後はつだまりです。

つだまりが紹介した本は、「クララとお日さま」です。

これは、近未来を描いたような物語ですね。
人工知能搭載の人間型ロボットと少女の物語です。

近い将来実現しそうですよねー

つだまり曰く、
生きるとは何か、愛とは何かを教えてくれる本らしいですよー!!

つだまりのビブリオを聞いて、とてもあたたかい本なのだろうと感じました。

そして、今回のビブリオの勝者は、、、


なんと、、、、、、、、、、、





20210612_210612_2.jpg


私が、見事1位に!!!!!


過去、何度もビブリオを行ってきましたが、やっと1位になることができました。

それにしても、今回のビブリオは接戦!!!!

みんな、紹介するプレゼンの質もグングン上がっています!!!


そして、今回の全体ゼミは、今年2回目の全体読書!!!!

今回の本は、「恐れのない組織」です。


20210612_210612.jpg


組織の「心理的安全」

これは、現代社会においてとても重要なことです。

でも、本の中で、伝えたいこと

それは、結構当たり前のこと!!!

それでも、その当たり前のことをできていない現状!!

人は、意外と当たり前のことを当たり前のようにすることができませんよねー

でも、その当たり前のことが1番重要だったりもしますよねー

そんなこんなで、各グループで議論しました。

すると、意外と当たり前のことが難しくなってきました。

もちろん、組織において一つの解決策はないし、正しい在り方もないけれど、

どうしたらいいのだろうか?と考え込んでしまいましたね。

そして、この心理的安全性、

組織が大きくなればなるほど、保つことができないもの。

自分の仕事に追われたり、他の人との距離が離れたり、

だんだんと心理的安全性がなくなってしまうなんてこともありそうです。

それでも、成果を出すためには、イノベーションを起こすには、

この心理的安全性は必要です。

じゃー、心理的安全性ってなんなの?と思った方もいるかもしれません。

ぜひ手にとって読んでみてください。

それでは、今日の記事はこのへんで!!!

来週は、健介がお届けします!!!

以上!ゆーとでした!!

みなさん、ごきげんようーーーーーーーー!!!!!!!






スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター