fc2ブログ

記事一覧

【Moribito】Nature to Future2021に向けて

こんにちは!K8 凜太朗です。

例年よりも早い梅雨入りとなり、じめじめとした日々が続きますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回のブログでは、Nature to Future2021についての進捗報告をさせていただきたいと思います。

このイベントは昨年度から引き続き、宝塚市環境政策課の方々とともに企画させていただいております。

今日は、Zoomで打ち合わせをさせていただきました。

スクリーンショット 2021-05-19 112848

まず、今年度から担当していただく方もいらっしゃいましたので、栗田ゼミMoribitoについての紹介をさせていただきました。

環境保全活動に携わる中で感じた、少子高齢化団体同士のつながり不足といった課題に、Moribitoとしてどう貢献するのかなどをお話させていただきました。

その後、Nature to Future2021について、企画案のフィードバックをいただきました。

・リアルタイムとオンラインの融合
・受け身ではなく積極的に発言できる環境づくり
・他イベントを参考に

などのフィードバックをいただきました。

まず、リアルタイムとオンラインの融合についてです。企画案では子ども向けの自然体験教室をオンラインで開催予定でしたが、現地参加オンライン参加両方を募ったほうが良いのではないかというご指摘でした。

オンライン上で数十名が一堂に会すると、どうしてもつながりが感じられにくくなってしまいます。

そういったことからも、可能な方は対面でご参加いただく形を取ろうと考えております。

次に、受け身ではなく積極的に発言できる環境づくりについてです。これは、宝塚市で年10回の連続講座として開催しているエコ講座でのご経験から、オンライン上では主催者側はオフライン以上に参加者に配慮が必要だと思われたからだと仰られていました。

どうしても、オンライン上で主催者側が発言している間は、どんなに「いつでも質問を」や「気になったら聞いてください」と呼び掛けても、参加者は発言をしづらいです。

それを解決するために、主催者側からの情報提供をポイントで絞ったりすることが求められます。

このお話を伺い、オンライン会議などの後、やけに疲れを感じるのはこういった要因もあるのかなと感じました。

最後に、他イベントを参考にです。これは言葉の通りですが、Nature to Futureは2年目の若いイベントであり、他に参考となるようなイベントもあるはずです。

早速、自然に関するイベントを積極的に行われている地域について伺えたので、そちらにもお話を伺いに向かおうと思います!!

だいぶ長くなってしまいましたが、こんな形でNature to Futureをより良いものにするために打ち合わせをさせていただきました。

ブログに書ききれなかったことも沢山ありますが、ぜひNature to Futureにご参加いただき、自然の素晴らしさを感じていただければと思います。

宝塚市環境政策課の皆様、ありがとうございました!

今日はこの辺で。

最後まで読んでくださり本当にありがとうございました!ではでは~

K8 凜太朗


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター