fc2ブログ

記事一覧

【全体ゼミ】2021年度第1回合同ゼミ記録(4/9)K9マダガスカル論文報告

はい!どうもみなさん!おはこんばんにちは!
K8のけんすけです!

新年度が先週から開始し、新1年生がキャンパスにたくさん来ているのを見ていると
「ああ、自分もこんな感じで初々しい気持ちで大学入学当初は登校していたなぁ」
と思います笑。

今日の私なんて、ジャージ姿に寝癖が少し残ったままのバタバタ登校、、
と自分が一緒のキャンパスに居て少し恥ずかしさを覚えたほどです。
対面授業かオンライン授業かなんていう不確実な中ではありますが、個性的な大学生活を送ってほしいと思います!!

というわけで、我らが栗田ゼミは初回から全力の
K9マダガスカル論文報告(+おまけの2名ビブリオ)」の記録です!!

いやぁ~K9の報告がこんなに早くあるとは思いませんでした。
思えば、私たちK8の初回論文報告は5月だったので1か月早い報告で過去1番にキツイと評されるK9の春学期課題をこなしながら論文報告に向けての準備をしてくれていて、先輩として本当に頼もしいなぁと思いながら報告を聞いていました!

今回はそんな後輩たちの論文報告の様子を「文字で」伝えたいと思います(ポンコツにも写真撮るのを忘れておりました…)!

論文班は5班に分かれており、現段階でタイトルは以下の通りとなっております。

①筒井班:「マダガスカル農村の教育における教師への介入効果の推定」

 筒井班の論文は教師へ介入することに教育への効果を検証するという方向性でした!その方向性を決定づけるために3本の先行研究を読みこみ一人一人丁寧に説明してくれました!特に印象的だったのは3人とも「教師」についての現状を熱意をもって発表してくれたことです。途上国の教師の現状、教師のスキルレベルについてなど子ども班で活動している私でもあまり焦点を当てていなかった問題で、ハッとさせられる部分が多々ありました。

②武田班:「給食プログラムが与える教育効果」

 続きまして、武田班の論文では給食プログラムの効果を実証分析にて行おうというものでした!給食プログラムと言えば私の論文班とカテゴリー的には同じになりますのですごく親近感というか、発表の内容がスッと頭に入ってきました!給食の介入効果と男女格差の因果関係にすごく苦戦していたようで、そこの関係を計量的にどのようにとらえるのかを
聞いている私たちも考えさせ、とても勉強になった時間でした!論文は単に関係があるだけではなく何が原因でその結果が起きるのかを先行研究をもとに徹底的に検証をしなければいけません。次回の報告、楽しみです!

③芝本班:「夫婦の同調効果が子供の教育投資(家計の消費)に与える影響について」

 K9なおきが行動経済学を学習したのもあってそこから「同調効果(ほかの人がAという選択をしたらつられて同じAの選択を自身も取ってしまう現象)」に着目した論文でした。一言で「なんだそれ!」と思いました。ただこれまでの夫婦間交渉力だけでなくあらたな視点から子供への投資を見つめなおすという難しいけどこれがかっちりと検証されればものすごく素晴らしい研究になるのではないかと思います!引き続きファイトです!

④中上班:「ネットワーク型囚人のジレンマを用いた教育に関する研究」

 
 続いて中上班の論文はネットワーク型囚人のジレンマの教育研究です。囚人のジレンマというゲーム理論はご存じでしょうか??よければ調べてみてください!すごく面白いゲームですよ!
で、この中上班はそれとネットワークという「関係性の中でゲームをする」ことに着目して、子どもの学習意欲や数学成績への影響をみようというものでした!かなり高度な分析になるだろうと思います。私、正直高度すぎてわからない部分も少しありました。。
次回報告楽しみにしています~!

⑤青木班:「マダガスカルの農家の生産性と幸福度の関係性について」

 最後の青木班は農家における生産性と幸福度の関係を検証しようとしています!GDPだけで途上国の人々の幸せとか豊かさって本当に決まるの?という疑問からスタートした論文になっています。この班の発表でびっくりしたのが、生産性と幸福度の関係を先行研究に忠実に従って研究を進めているところです!私は今でも論文を進めるときにどうしてもその場の思い付きなどで因果関係を決めてしまいそうになりますが、青木班は特に自分たちの意見よりも先に、先行研究をベースに議論を進めているのがすごいと思いました!いろいろ指摘は受けたものの、次回へのステップとして頑張ってほしいです!


以上!!かわいい後輩たちの論文報告は終了で、
ゼミも終了~~といいたいところですが、、、なんとなんとビブリオバトルが今日は残っておりました。
ビブリオ発表者は私K8けんすけとK9まりあ(な)です!!!




〇けんすけ:「生きるとは自分の物語を作ること」
河合速雄


〇まりあ(な):「カラフル」

まりあ(な)


2人とも、全力で発表しました!!まりあ(な)は課題+報告準備がある中で本もしっかり1冊読んで発表してすごいなぁと思いました!!

2人のバトルの結果は・・・・・




K8けんすけ(自分)の勝利です!!


見事、勝利することができました!
初めて1番になったのですっごくうれしかったです!!



というわけでこんな感じで今年度の栗田ゼミもいつも通りのゼミを迎えました。
今のところ、ゼミはこれからも対面で行う予定なので、みんなに毎週会うことができてうれしい限りです!


では!また来週~
K8けんすけ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター