FC2ブログ

記事一覧

【中小企業班】初めての調査企業

こんばんは、K8のかずひとです。
なんだかんだ、2021年中小企業班としては初めてのブログ更新です。

昨年度はブログ班と揶揄された時期もあった程、盛んなブログ更新をしていた私達でしたが、再び週1更新を開始いたします。
いつも見ていただいている方本当にありがとうございます!

さて本日紹介する東大阪の中小企業様ですが、旭パイプ様です。(私が初めて調査した企業様 緊張すごかったです)

企業名から想像がつくかも知れませんが
旭パイプ様はパイプを加工しているんですね。例を挙げますとトイレや、洗面台、バス廻りで使われる排水パイプを加工しています。

何気なくトイレ利用している時に、排水パイプって注目しづらいものかもしれませんが、実際私達の生活にこれがないと用を足した後きちんと水が流せなくなるという事態になってしまう、かなり重要なパーツです。(私達の暮らしを支えています)
最近はトイレも組み込み式と呼ばれる、外部に排水パイプが見えないタイプが多く出てきており、最近は見かけないものかもしれません。しかし、小学校の時のトイレ(和式便器とか)を想像していただけると恐らく皆さん、必ず見かけたことがあるパーツかと思います!

私は何気なくああいったパイプって始めから曲がっているものだと考えていたのですが、実は一本の長いパイプがあって、それを自由自在に長さを決めて曲げることで作られていたんですね。びっくりしました。しかも、長いし、硬いパイプを曲げるって、「折れちゃいそうだな」と思ったんですが、そこは技術の高さで折れることは無いし、曲げた後のシワすら無い仕上がりにするそうです。

この技術を利用して障がい者施設の手すり(バリアフリー用品)にも力を入れているそうです。
これから、もし排水パイプや手すりを見かける機会があったら、旭パイプ様が関わっているかもしれません!(特に大阪では排水パイプの曲げる技術を持つ企業は少ないみたいなので)

今日はこのあたりで終わります。最後まで読んでいただきありがとうございました!


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター