fc2ブログ

記事一覧

【BFC】世界の子どもたちの状況を伝える〜第7弾〜

こんにちは、K9のすみれです!

先日、勉監禁地獄から解放されました~
勉(ツトム)とは、ゼミ生同士で担当箇所の授業を行う栗田ゼミの恒例行事?です!
担当箇所の授業準備は恐ろしいほど大変でした…


今回は、国連WFPの【学校給食プログラム】についてお届けします!
スクリーンショット 2021-01-29 175046
出典:WFP

国連WFPの学校給食プログラムは
 「一人でも多くの子どもたちが学校に通い、栄養いっぱいの食事が摂れるように、
  そして飢餓と貧困に苦しむ国々の力になれるように」

という信念のもと活動をしています。



日本では、「学校で給食がでて当たり前!」と思われがちですが、
先進諸国を除く国々ではそうではありません…
世界の多くの子どもたちが栄養のある食事を摂れず、発育不全に陥っています。

5歳未満の子どもの約1億5,500万人が発育阻害に陥っていて、5,200万人が
身長に対して体重が少なすぎる消耗症に苦しめられています。

学校給食があれば、子どもたちの栄養状態や健康が改善されるだけでなく、
貧困から抜け出す大きな一歩となります。

だからこそ、学校給食プログラムが存在しているのです!
スクリーンショット 2
出典:ACジャパン



学校給食プログラムがもたらす効果として6点掲げられています。
1. 子どもたちの栄養状態を改善する
2. 学びの機会を広げ
3. 生活を守る
4. 女子就学率の促進
5. 地域産業の振興
6. 食料生産性の向上

給食って、こんなに大切な存在なんですね…

学校給食プログラムでは支援を募っています!
例えば、5,000円のご寄付で子ども1人に栄養たっぷりの給食を1年間届けることができます。

興味のある方はHPをご覧ください!



次回もお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

K9 すみれ

参考文献
 国連WFPの学校給食プログラム
 https://www.jawfp.org/lp/schoolmeals/







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター