fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】製本・カレンダー製造!一貫堂様への調査訪問の巻!【東大阪市企業調査】



こんばんは!K7かずあきです!

今回も引き続き10月に訪問調査に伺わせて頂いた企業のご紹介を行っていこうと思います!


今回ご紹介するのは、株式会社一貫堂さんです!こちらはカレンダー製作や、製本等を行っている

紙加工製造業の会社です。昨今の「本」にまつわるお話なども含め、

業界のお話もたくさん聞くことができましたのでご紹介してきたいと思います~!


S__6824072.jpg


左の方が株式会社一貫堂 取締役会長の岡本 城夫様です!




1、紙加工業界の現状について

紙業界に関するお話を伺う中で、まず初めに若者の本離れが進んでいるという話題があがりました。岡本さん自身も「電車の中を見ても大半の人がスマホの画面を見ている光景に変わってしまった」と嘆かれていました。

実際に出版市場は縮小気味であり、「今本当に儲かっているのは鬼滅の刃を出版しているところです」なんてこともおっしゃっていました(たしかに)。

また、昔は荷札という商品を発送する際に使うタグがよく使われていましたが、今では旅館やホテルなどでお客様の荷物を預かる際にしか使われなくなってしまい、時代の流れを感じるともおっしゃっていました。






2、コロナウイルスの影響について


一貫堂様はコロナ禍で受けた影響として旅行情報パンフレットの発行がストップしてしまったことを挙げていました。

皆さんもご存知でしょうが旅行代理店に行くと日本各地の観光地が掲載されたパンフレットや
海外の観光地が掲載されたパンフレットなどがたくさん並んでいます。

そのパンフレットが収入源の一つだったようなので影響が大きかったとおっしゃっていました。

コロナの影響で観光客の往来がなくなり経済が停滞している昨今ですが、このような分野にまで影響が出ているのかと改めて考えさせられました。



3、一貫堂さんの商品と使命


そんな中でも来年度に向け、カレンダー作成を行う中で収益が見込めそうだというお話も伺いました。

実は一貫堂様の国内大手自動車製造の日産のカレンダーの製造実績もあり、今まで最大で3万部も

発行したことがあるそうです。また、日産のカタログやパンフレットも製造しているらしく、

そちらは合わせて30万部も発行しているそうです!


そんな素晴らしい製造実績を持つ一貫堂様ですが、昨今の製本業界の市場の収縮傾向に

危機感を抱いているともおっしゃっていました。経営は厳しい部分があるが、将来世代にも

製本の温かみを知ってもらうために今の仕事をこなすことが我々の使命だと感じているそうです。


自分自身もゼミの縁もあって紙媒体の「本」に対する愛着がありますが、

それを生業としている方の熱い気持ちが目の前で伝わってきて、自分自身も込み上げるものがありました。




いかがだったでしょうか?紙と言えば本当にありとあらゆるところでお世話になっている物では

ありますが、なかなか生産加工されている方に出会う機会が無かったので、とても新鮮な気持ちで

インタビューさせて頂けました。


自分自身の名前にも「紙」という字が入っているので非常にご縁を感じつつ、

学生時代の間にこのような貴重なお話を伺うことができたのがなによりもありがたいと思いました。

コロナ禍にもかかわらず調査に御協力いただきました株式会社一貫堂 取締役会長の岡本 城夫様

本当にありがとうございました。


K7かずあき
























スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター