fc2ブログ

記事一覧

【伝統班】最近のこと② 

こんにちは!
数日前にも登場しました、伝統班K7のみさきです。

前回は近況のご報告として、調査と論文執筆についてお話しました。
まだ読んでいない!という方はこちらから!!😊


今回お話ししたいことは、調査先で私が一番の印象に残っていることです。
何が印象的だったのでしょうか???!気になった方はもう少しお付き合いください~!!
気にならなくても、是非お付き合いくださいね!笑 
がっかりはさせません!!!✊✊✊


それではお話ししていきます!✨

みなさん、「喜世留」ってなんて読むか、また何を指しているかわかりますか??
これは「キセル」の当て字です。

S__40108035.jpg

↑意外とちっちゃいんだな、って思いました笑



キセルといえば、たばこ🚬
たばこといえば健康に良くない、とか「禁煙」🚫🚬
など、あまり良いイメージを持たれない方も少なくないのではないでしょうか。


私自身も「たばこ」と聞くと、煙たいし臭いするし、お金かかりそう、、、
という悪いイメージしか持っていませんでした。


ところがどっこい!!
本来、日本で昔から伝わってきたたばこは、そんなことがないんです!Σ(・ω・ノ)ノ!

現在は世界的に紙たばこが主流だと思います。私の友達も紙のたばこを吸っています。
しかし、日本でもともと伝わってきたたばこは、
「煙草」という漢字ではなく「莨」です。

「 草がんむりに、良 」
あれ、なんだかイメージと違うぞ?ほんまかいな?と思われた方も多いのでは??


そうなんです、莨は、もともと健康に害することはなく今のような
マイナスのイメージを沸かせるものではなかったそうなんです!


現在なぜタバコが悪いものとされているのかというと、紙タバコが主流になっているからだそうです。
紙タバコは、紙が燃えるので煙が発生し、煙たくなります。🚬🚬
その煙が肺に入るため、体に悪いとされています。😢


しかし、日本の昔ながらのタバコは、
①刻みたばこ(タバコの葉っぱを細かく切り刻んだもの)を用意
②刻みたばこを、きせるに少量乗せ、火をつける
この手順で吸います。
そうすると、けむたい煙なしに、たばこの味を楽しめるんだそうです。


なんでも、たばこの葉を細かく切る技術は、他の国にはなかったんだそうです!!
日本刀の鋭さが可能にしているんだとか!🔪✨

S__40108038.jpg

↑今販売されている、刻みたばこです!


そもそも、たばこは日本の文化の中でも、タブー視されているのではなく
しっかりと認められているものなのです。
茶道のお茶時の時にも必ず「莨盆」(たばこぼん)といって、
莨を吸うための炭や、灰を入れるもの、キセルのセットを、
お客様をおもてなしするために亭主さんが準備するんですよ~!🍵🍵


きせるは、一服するためだけでなく、昔は自分の個性を表せるものでもあったそうです。
みなさんが服装や持ち物で個性を出すように、
きせるの管に蒔絵をつけたり 
②素材を変える
③持ち歩くための袋の生地にこだわる 
などして、個性をだして楽しんでいたんだそうです。
事件があったとき等も、きせるを見て、どこの誰だと洗い出していたとか!👀 



いかがでしたでしょうか~!
「きせる」について、少しでも興味を持っていただけましたか??
私は全く知らないことだらけで、お話を聞いた後に友達にたくさん話してしまいました。笑

また、たばこに関して持っている限られた情報だけ
素敵な伝統産業の1つである「きせる」について、勝手な解釈をしていたことが恥ずかしくなりました。


最近の禁煙の動きが強まっていることによって、昔は出店で来ていたイベントや、ホテルでの委託も
できなくなっているそうです。また、きせる屋さんは全国を探してもほとんどないそうです。
「たばこ」に対するあまりよくないイメージの裏に隠れてしまっている、
きせるや、日本のたばこ文化について、もっと多くの方に知ってもらいたい!
と思って、今回の記事を書きました。

きせる専門店 煙管竹商 谷川清次郎商店で、お話を伺いました。

たくさんの方に直接お話して魅力を知ってほしいとおっしゃっていたので、
是非みなさんも足を運んでほしいなあと思います!



長くなってしまい、また文字ばかりですみません、、

ここまで読んで頂きありがとうございました。

これからも皆さんに、できるだけ多くの伝統産業についてお話ししていきたいと思います!

是非次も読んでくださいね!^^



それでは!
K7 みさき



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター