fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】ソーシャルプロダクツ・アワードについて!


こんばんわ!K7のかずあきです!

前回は持続可能な社会を目指す企業が作る製品・サービスである、

「ソーシャル・プロダクツ」についてご紹介したことを覚えていますでしょうか?


今回はその中でもより持続可能な社会の実現につながる優れた「ソーシャルプロダクツ」に光をあて、社会性と商品性の両面を評価する「ソーシャルプロダクツ・アワード」について紹介していこうと思います~!




1、ソーシャルプロダクツ・アワードの審査内容とは?


このコンテストは企業が生み出す商品・サービスの「社会性」、「商品性」、

そして「ストーリー」を重視して総合的な評価から判断し、

大賞、優秀賞、生活審査員賞、ソーシャルプロダクツ賞などを決定するといったものです。


ちなみに2020年の大賞は皆さんもおなじみのこのセロテープを販売している

ニチバン株式会社が受賞していました!!!


S__4898827.jpg



このセロテープは、発売当初から原料のほとんどを植物由来の天然成分で製造されているそうで、
地球環境にやさしく、そして力をかけずに素早く切ることができるという機能性も備えた商品です。


審査員から寄せられたコメントとして、

” 70年間も脱プラスチックに取り組んできた実績は、多くの生活者やビジネスパーソンに驚きと感動、安心感、誇らしさなど、あらゆるポジティブな感情を喚起するであろう。

2010年からは、テープの巻心を回収・再利用している点、リサイクルから生じる利益金などでフィリピンにおけるマングローブ植樹・保全プロジェクトを支援している点も高く評価できる。”

とあり、商品が環境に良いというだけでなく消費者がその商品を選ぶことが、結果的に持続可能な社会を作るリレーにつながっていくという面白さがあります!!!






2、フェアトレードコーヒー「シサム公房」について!


S__4898828.jpg


シサム工房では、公正な価格での「ものの売買」だけでなく、生産者が自尊心を持ち、自分たちの暮らしを選択していく力をつける仕組みがあることがフェアトレードだと考えています。

お金の行く末を意識して、投票のようにお金の使い道を選択する人が増えれば社会は変わるという想いから

What you buy is what you vote
お買いものとはどんな社会に一票を投じるかということ "

という標語を掲げています!!


そして、この「シサム」というのがアイヌ語で隣人という意味があって、

世界中の人々と商品を通して隣人として繋がりたいというストーリーがあるみたいです。


コーヒー豆はフィリピンの農家が、写真のコップはネパールの陶器職人が

一つづつ丁寧に作り上げています!そしてフェアトレードで取引しているので、

双方がWinWinの関係になるというビジネスになっています!

他にも魅力的な企業が掲載されているので、ぜひぜひチェックしてみてください~!






K7 紙谷和明

一般社団法人ソーシャルプロダクツ普及推進協会(http://www.apsp.or.jp/)



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター