fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】中小企業診断士への道③

皆さんこんにちはK8のしゅうへいです(゚д゚)ウマー


先日K9向けに大阪のオフィスを借りて動画の撮影をしてきました(人生2回目のレンタルオフィス)
ゼミ生はぜひみてくださいね

 
その時にお昼ご飯にいってきました。
 
ジャーン
 


IMG_3237.jpg








こうきさん(自己紹介がなかったので、初めて書いたブログをリンクしておきますね)

が男気で奢ってくれました


タンがとろけて(牛の方の)、舌がとろけそうでした(自分の方の)



ごちそうさまでした
 




さて、第3回の今夜は


組織文化について話していきましょう!

風と呼ばれる会社の雰囲気などは大きく組織文化企業風土と呼ばれます。

 
これは組織メンバーに共有された価値観信念・
行動規範思考様式のことを指します。

 
これがどのように醸成されていくのかについて

深く考えることってあまりないですよね??


これを考えることによって

自分の所属する組織の『空気』を変えることができるかもしれません

(日本人は特に『空気』大好きですよね)
 
まず、組織文化が形成される要因次の5に分類できます



近接性
物理的な近さによってコミュニケーションを通じて思考様式や行動様式が共通化していく


同質性
組織メンバーの特性が似ているほど組織文化が形成されやすくなる


相互性
メンバー同士で仕事上のやりとりが頻繁にあるほど、相互に依存しコミュニケーション密度が高まる


情報共有化
情報が共有されていたり、共有する仕組みがあったりするとコミュニケーションが活発化し、組織文化の形成に影響を与える


帰属意識

メンバーの帰属意識会社への愛着、製品・サービスへの思い入れなどの要因)が高いほど組織文化は強固になる

 


ここから分かる通りまずは、
コミュニケーションが大事

ということですね(オンラインであっても言えることではないでしょうか)

 



そして、組織文化は以下のような流れで組織の隅々に行き渡ることになります



 

図





いかがでしょうか

当たり前ですが「なんとなく」しか考えていなかったことが鮮明

になった気がします。


戦略や人材で企業が伸び悩んでいる時、

あえて組織文化に着目してみれば

案外ここに問題があったりするのかもしれないなと、思いました。
 


もちろんこれは、学生(ゼミ等)でも活かせることで、


今グループがうまくいっていないな」って時は、


ミーティングの回数を増やしてみたり、「元々そのグループの活動意義ってなんだっけ?」


みたいな部分を探って、理念的なところから変えていくのもいいのかもしれませんね。
 
 
さ、いつもより少し堅苦しくなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか



まだまだ勉強を始めたばっかりですが、このようにフワッと考えていたことが言葉や図で表されているのを見ると、楽しいですね
 
ではまた来週お会いしましょ〜〜


本日も最後まで読んでいただきありがとうございました!


K8しゅうへい



<参考文献>
『金城順之助の中小企業診断史1冊目の教科書
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター