fc2ブログ

記事一覧

【農業班】 サマースクール!?マダガスカルとの中継!

お疲れ様です!
K8のはるかです。


先日後川郷づくり協議会の光さんにお会いした時、お野菜を頂きました。
きゅうりにモロッコいんげんです!

実家に帰ったときにお母さんに料理してもらいました。
きゅうりは浅漬けにしたり、ポテトサラダにいれたりしました
いんげんは筑前煮にいれたり、普通に焼いて食べたりもしました!

(きゅうり ポテトサラダ)
ポテトサラダ


(いんげん 焼肉をしたときにいんげんも焼いたのですが、お肉が写真に写っていないという凡ミスをしてしまいました・・・汗汗)

野菜


とにかく新鮮で美味しくて、後川の風景を見た後に食べたのでもっとありがたい気持ちになりました!
ありがとうございました




風景

先日、いつもお世話になっている後川郷づくり協議会光さんと、若者のリーダーである元一さん
「サマースクールについて・ワークショップについて・子供の勉強会について」
話し合ったのでブログに書いていこうと思います。
大変遅くなってしまい反省です。汗汗

まずは、「サマースクールについて」ご紹介します。



【サマースクールについて】

コロナウイルスが流行する以前に農業班では
「後川の子供・兵庫県の中学生や小学生・関学の留学生・栗田ゼミ生」
が後川の旧小学校で交流できるようなイベントが開けたら良いなと考えていました。

例えば、夏休みの宿題を持ち寄ってきちんと勉強をしつつも、スポーツをしたり、後川の自然の中で遊んだりすることで、異なる背景を持つ若い世代が仲良くなれるようなイベントです。

(イメージ図 URL: https://kidsday.jp/kidsday/summer/  )
summer.jpg


私達はイベントのコンセプトとして、
「古き良き日本の雰囲気が残る後川で、インターナショナルな学びができるサマースクール」
を想定していました。

なぜインターナショナルなのかというと、関学の留学生と交流することもその理由の一つなのですが、目玉になるイベントとして「マダガスカルとの中継」を予定していたからです。

我々栗田ゼミ生は3年生の夏休みに毎年全員でアフリカのマダガスカルという国に調査に行きます。
そこで私達のネットワークを活かして、マダガスカルという普段全く関わることのない国の子供と、日本の子供がリアルタイムで交流できたらすごく面白いのではないかと考えました。

もしアフリカの子供と日本の子供が交流できたら、双方にとって大きな学びになると思います。
大きな夏の思い出としても子供達の記憶に残るのではないでしょうか

私が子供の頃に世界の裏側の同世代の子と話せていたのなら、もっと早いうちから英語の勉強を頑張っていただろうなあ~と思います。

このようなイベントを開くことによって、
「後川の発信」「後川内部の交流の場」「子供達の勉強の場」「子供達の思い出に残る機会」になると考えました。
後川にとっても、参加者にとっても、メリットがたくさんあるイベントにしていきたいです



実は春頃にサマースクールについて光さんには相談していたのですが、
皆さんもご存知の通り、コロナウイルスの影響で3密になる集まりが開けないということになってしまいました

今年は大勢で集まるようなイベントは難しいですが、コロナウイルスが収束するであろう来年の春や夏にはこのようなイベントを開きたいと考えています!

また、元一さんが後川の保護者の方にヒアリングしてくださったところ、多くの方に「興味がある!」と仰っていただいたそうです。
私達も来る春に向けて準備万端に用意しておこうと思います。

まずは、第一歩として後川のホームページ作りに取り組みます!

最後までご覧いただきありがとうございました。
熱中症にお気を付けてお過ごしくださいませ~
風景2
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター