fc2ブログ

記事一覧

【甘尼】尼崎酒販共同組合の方へインタビュー

こんばんは K8 のかずひとです!
昨日甘尼の活動で、来春作成予定の雑誌の情報収集として尼崎酒販共同組合の方にインタビューしてきた内容の紹介です😆
[来春の雑誌のテーマは尼崎の伝統野菜です。(仮)]

そして今回は伝統野菜である尼藷を用いた芋焼酎「尼の雫」について聞いてきました!

まずはじめに「尼の雫」ってご存知でしょうか?
尼の雫とは、昭和9年に来た室戸台風、昭和25年のジェーン台風で1度絶滅した尼藷を再生させ、生産の安定化を図り、その尼藷を用いて何か出来ないか?という考えから生まれた芋焼酎です。

こちらがその商品です\(^o^)/
美味しそうですね (青の瓶ってなかなか珍しい??と素人ながら思いました)
image2.jpeg

実はこの原料である尼藷栽培、また尼の雫用に行う尼藷の加工(尼藷をカットする、ツルを取る等)はボランティアによって成り立っているそうです!😨凄い。
(普通は大量生産の為に機械だそうです。)

また、この素敵なラベルですが酒造会社である、八木酒造様が、一枚一枚手張りで行っているそうで、一本一本に懸ける生産者の思いが伝わってきます。。
このラベルデザインもオシャレだなと思い、どうやって作ったんですか?と聞いたんですけど、実は武庫地区の生産農家のご子息にプロのデザイナーがいらっしゃりその方にお願いしたそうです!「市の特産品開発のためなら。」と無料で引き受けてくださったみたいで、多くの尼崎市民の方々によって作り上げられている一品であることを改めて実感しました。😲(尼藷のイラストが特徴的ですよね)

そして、ここまで丁寧に作られる尼の雫ですが、それよりも希少価値の高い商品がありまして、
それがこの商品が尼の雫プレミアム!!!
image0.jpeg

基本的には贈り物として人気が高いのでこちらは箱付きで紹介していただきました!
見るからに高級感が出てますよね!ラベルは触ると布っぽい質感だったのが印象的でした!
尼崎酒販共同組合 専務理事 中田様によると、通常の尼の雫水割りをおすすめしているそうですが、プレミアムは口当たりが違うのでロックで飲むことをおすすめしているそうです。
今年のプレミアムの生産量は190本とのことで、この商品は他のお客さん用のものだったようです(笑)
販売において、この少量生産がポイントで無理に多くの生産をして売れ残ってしまうと、製品の質も落ちるし、売上も落ちる負の循環が生まれてしまうので、少し惜しまれるぐらいの生産量の方がブランドにもなると仰っていました。

image3.jpeg

当日は、本当に多くの質問項目を用意して望んだので、インタビュイーからすると大変だったと思うのですが、じっくり丁寧に答えて頂き、最後の写真撮影まで快く受け入れてくれました。

尼崎酒販共同組合 専務理事 中田様
尼崎酒販共同組合 事務局長 笹井様

本当にご協力頂き誠にありがとうございます!
内容の充実した雑誌を作成致します!

次回は文中にもあった手作業で酒造りをされている八木酒造様へインタビューを行う予定です!
乞うご期待ください!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター