fc2ブログ

記事一覧

【外国人班】神戸国際交流会館で2つの国際イベントに参加!!

こんにちは!!
昨日ゼミの卒業写真を撮影した時に、ちょっと中腰になっただけで太ももが筋肉痛になった、外国人班のK5まゆです!



私たちは今日、神戸国際交流会館で行われていた
・【就活のための日本語講座】
・【多文化多言語ワークショップ】に参加して来ました。
今回参加させていただいた理由は、来週の火曜日に私たちの就活イベントが記念すべき第一回を迎えるにあたり、
会の進め方などを勉強させていただこうと考えたからです!!

IMG_1449.jpg



まずは【就活のための日本語講座】についてお話ししたいと思います。
この講座は、日本語学校で講師をされている先生が、日本で就職活動をしたいと考えている留学生を対象に開講されている講座でした。全部で8回の連続講座で、年内に終わるとのことでした。


教室の雰囲気は、この講座が6回目ということもあり、みんな顔見知りで安心感のある空間でした。
今回は「面接・グループディスカッション」について。


これから就活を控える人なら、誰しも知りたいであろう、面接の形式やグループディスカッションの進め方など、
わかりやすく教えてくれます。


中でもグルディスで「聞き上手」になることも評価されるポイントの一つだよ!
というお話が一番印象に残っています。たしかに、最近の読書で読んだ「モモ」でもモモは聞き上手だったもんなぁ
”相手の話をちゃんと聞く”って、当たり前のように思えてすごく難しいことだったりしますよね。
大切なことだなあと。


最後に3.4人のグループになって、お題に即したグループディスカッションを実践していました!
今回は中国・フィンランドなどが出身の留学生さんたちでしたが、
みなさんすっっごく日本語が上手で建設的なアツい議論が進んでいました。
「これなら日本人と一緒にグルディスしても遜色ないよ!」と先生からもお墨付きをもらっていました。
日本人の皆さん、覚悟してください。フフフフフ




そして次に【多文化多言語ワークショップ】に参加しました。
このワークショップでは、ブラジル出身の山本チアゴたけしさんと、中国出身のリュウシンイさんが
故郷の文化や言語について教えてくれました!


はじめはブラジル出身の山本チアゴたけしさん。
日系ブラジル人で3世だそうです。日本語はネイティブではないそうですが、めちゃくちゃまっちゃ上手。すごいです


ブラジルってサッカー王国ってことは知っていたけど、いざどんな国って言われると答えられない。。
そんな私は発表にクギずけでした。笑


20世紀に入ると、世界各国から大勢の人がブラジルに移り住んだという歴史から、
ブラジルには沢山の人種がいるんですって。知らなかった、、、


そして、日本人もたくさん移住したので現地で”コロニア語”という言語が誕生したそうな。
このコロニア語とは、日本で生まれ育った日本人がその子どもや孫のような、日系ブラジル人2世や3世との会話手段として編み出した言語だそうです。
なので、日本語とポルトガル語を織り交ぜた言語でとっても不思議。


講座で挙げられていた例文は
「コントラットはせんとじゃが人手の足らんけんポル・ジア、三十ミル・バーガスしてコミーダも、、、」
ほほう、意味がわかりそうでわからない、そんな文章ですねぇ。


次に中国について、リュウシンイさんからです。
ここでは主に中国の言語について教えていただきました。
私も大学の第二言語で中国語を履修していたので、親近感を持ちました!!


中国は広いので、やっぱり様々な方言があって、
中でも8個の方言で「新年快楽 万事如意(あけましておめでとう。何事も上手くいきますように)」の言い方を比較したビデオがすごく面白かったです。


独特のリズムで始まり、8地域のおじちゃんおばちゃんが登場して「新年快楽 万事如意」って言ってくれます笑
似てる所もあれば、全然ちゃうやん!!って所もあってすごく面白かったです。


最後は声調がめちゃむずの広東弁をみんなで練習して終わりました。
あ〜中国語もっと話せるようになりたいなぁと思ったので、勉強し直そうかしら!?笑


セミナーの最後には、ちゃっかり12月4日の私たちのセミナーについて広報させていただきました!!

IMG_1063.jpg




長々と今日あったことを書いてしまい、ここまで読んで来れた方、
お付き合いありがとうございました。❤︎
知らなかったことを沢山知って、沢山の人とはじめましてをして、(さらに私の母校の親和の先生と生徒たちと偶然会えて)、
ほんまに充実した一日でした!!


セミナーにもっと沢山の留学生がきてくれますように!!





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター