fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】中小企業が受けたコロナの影響インタビュー ~IT事業編part2~

こんにちはこうきです!
昨日のブログの続きを書いていきます!

ジィアンドジィ様 
中小企業班  でお送りします! 
両者3人ずついますが詳細は割愛します!


 この規模だからできたこと、働き方とかありますか?(IT事業部にて)
 営業先から事務所に帰ってこなくても、直帰してもらうとか。時間に融通利かせながら勤務してもらった。もしあれならそのまま家に帰ってテレワークして日報書いてもらったり。そのフレキシブルにできる辺りは中小らしさかなと思いますね。

 なるほど!状況に応じて半分テレワークみたいな感じですよね?
 そうですね!社員同士はチャットを利用しながら質問などしあっていました。テレワークしている上司と部下はスラックを使用したり活用していましたね。

 なんでスラックを使ったんですか?
 これは以前から利用していました。最近よく世間でも使用されてるズームは、同友会でのイベントが開催されていた。遠方の方もいたのでその方向けに会議したり。社外向けにズームは使ってましたね。34月は新しい体制の総会をしたりする時期ですが、ある一定のルールを作ればズームでもいろいろできると思いましたね。


 同友会さんはズームで定例会とかされていたんですか??

 運営の決定はズームと対面でしてた。集まって勉強会とか定例化とかの行事ごとは7月まで停止してた。その中でもズームで意見交換とか飲み会は実施してた。

 ズームは事前の準備と進行役の力が試されるね(笑)。進行役がグダグダなるとほんまこれはあかんで(笑)みたいなことなるからね(笑)

 県の理事会もズームやったけどこっちの方が楽やね、対面やとみんなに喋ってもらわないと、、って思うけどズームは画面にようけ顔並んでるから(笑)。もう何が何か分からんであれ(笑)

 結構人数いたんですか?
 30人くらいやね

 1画角では収まらない人数ですね(笑)。僕らのゼミもズーム使ってますね~。やっぱり1つの画面にたくさん顔うつれば変な感じしますよね(笑)

 そういえば、中小ならではの取り組みで言う2年ほど前から兵庫仕事と生活センターで働き方改革の取り組みをしてて、時間管理など、ショート60といって申請したら1時間早く帰宅できるのがある。前日1時間残業したら翌日1時間早く帰っていいみたいな。今回も働き方改革の切り口で助成金をとって20台ほどPC購入して配って在宅勤務してもらった。今回のきっかけに一気に色々申請した。こんな状況やけどITが良かったから増益増収していた。旅行もコロナまで数字追っかけていたから、コロナなかったらウハウハやったくらい。コロナの影響でかなりの利益が飛んでしまったけど、それでも増収はしていたからそれでiPad購入したり社内の椅子買いなおしたり。それはそれでよかったかなと。”旅行も業績落ちたの誰のせいでもない”し、増収なったってことで期末で賞与だして社員も喜んでくれて。今回いい経験させてもらったなと。まぁ仕事ができる喜びを本当にかんじていますね、特に旅行事業部は。


>>>>>ここにジィアンドジィ様の良さが詰まっていると思います。本当に素敵な会社なんだなと改めて思いました。


105528_0.jpg


 今回オンラインでテレワークを導入してトラブル等あったか

 力のある人間がやることを理解した上で実施すると仕事がはかどる。まだ新入社員とかは色々迷いながら進んでいるのに相談が気軽にできない。今までなら隣の席に座ってた人に気楽に質問できたけど、今回ちょっと質問するにもどうやって質問するか悩んでしまって逆に生産性が落ちてしまうことも。プログラムとか仕上げる時に真面目な子ほど期日に追われて自宅でずっとやってしまうケースもある。その辺りは難しくなった部分もある。テレワークできる人とそうじゃない人の切り分けもやし、ルール決めの整理整頓も必要かなと。


 会社としては家で業務しても安全配慮義務がある。セキュリティの問題もある。機密情報持って帰ったりするので、このあたりも気を付けていかないといけない。テレワークは社員が選択できるのではなく、会社が状況に応じて認めるもの。平時でやるなら勤退管理とか、報告義務等をどうするか、みんなテレワークするならゴミ捨ては?、電話とりは?。組織に属していると担当していなくてもやらないといけない仕事はあるわけで、そこを含めてどう運営していくかを考えていかないと組織は回らない。もしスパーっと切り分けて考えるなら、成果で判断するフルコミッションならいけると思うけど。今の給与制度の延長戦で考えるなら非常に難しい。もっと成果主義なっていったらできるかもしれない。


>>>>>日本の雇用形態ならなかなか完全なテレワークは難しいかもしれませんね。営業の方でも営業だけやってればいいってわけではないので。


 最近世間では成果主義になっていくってことになってるけどそう簡単なことではないね。


 勘違いする人が出てくると思う。場所だけの問題やろ言うて


 コロナの状況だから思い切ってやっているが平時でやるならなかなか、まだよちよち歩きの人を教える人がテレワークしていたらどうする?テレワークを常時やっていいよってなる人はそんなには多くない。例えば月数日とか気分転換的な意味でテレワーク導入するのと平時で実施するのでは意味合いが全く違う。今はこんな状態やから否応なしに取り組めて短時間で色んなことが見えてそれはそれでよかった。


 ニュース記事とかだけ見ていると、テレワークしてるからいい、みたいな風に思ってたんですけど現場はまた違うんですね。

 でもテレワークに関してアンケートをとるとやってよかった!という人は多いはず、立場の違いもあるしね。まぁ自分でテレワークしたときに本当に8時間家の中で集中できるのかって話


 色んな誘惑がありそうですね(笑)

 でも明日台風来る、電車止まるってなったときに普通に一定の生産性を確保できる体制になっていると思いますよ。そういった意味での成果はありますね。

 できないってのとやればできるってのは全然違いますよね。

 今回で環境も整ってしまったからね(笑)



IT編は以上となります!!

次回は「コロナ禍での政府の対応」についてもお伺いしているので、それについての記事になります!

すべて読まれている方はお気づきだとおもいますが本当に素敵な企業様ですね。
コロナのせいにもせず、ただ事実を受け入れて前向きに会社を動かしていく。その姿勢がとても伝わってきました。経営者の方がこれほど前向きに行動されていたら従業員も安心して働くことができますね!テレワークに関しても現場だからわかるお話しがとても多かったです。「テレワーク=正義」みたいな報道がほとんどですが、組織として会社を動かしていくには完全テレワークはまだまだ課題が残るようです、、、

最後まで読んでくださった方、ありがとうございました~~!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター