fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】働き方改革に筋斗雲。。。?ではなくて

こんばんはK8のかずひとです
昨日やるべきブログ更新をできなかったこと。最初にお詫び申し上げます。

では、今日紹介する記事は、カンブリア宮殿の7月2日放送からです!

kintone(キントーン)と呼ばれるクラウドサービスのソフトをご存知でしょうか?
サイボウズという企業が発明した商品です。

PCを扱えない人が使いやすく感じるような仕組みスマホのアプリを使用する感覚で操作性が高い!)で組織情報を管理できるすぐれものです!

実は大阪市も取り入れていて、コロナウイルス感染者を把握するアプリにも使われていました。スマホで市民の人が健康状況を入力し、その入力内容がkintone(キントーン)を経由することで、市民の健康状況を把握できるというものです。
概念図はこんな感じです!
2020-07-09 (1)
こういった技術がコロナショックで大変な中、大活躍しております。
しかし、中小企業には難しいのでは?という疑問もごもっともです。
その回答として、今まで一定のお客さんとしか取引していなかった企業がインターネットの導入で新しい顧客に会う可能性が広がると、サービスの良さを経営者の方は訴えています。

そして、この企業が面白いのは、ブラック企業からホワイト企業に変化したということです!
というのも昔は朝から23時まで会社にいる状況が毎日でした。
しかし、実際に経営の悪化や効率の悪さを感じた経営者が抜本的な改革を実行したのです!
十年前から働き方改革を実施しており、ほぼ100%テレワークの導入を実現
今では副業よし、育休よし(最大6年間)なんでも福利厚生の整う企業になったのです。

「子育ては人間を育てる。」
その人間が労働者や消費者になる。商売をできるのは、子育てする人がいるから。
そういった人間の育成がなければ経済は成り立たない。
今、商売人は商売より子育て。

だと言っていました。

人的資本の重要性はよく言われますが、子育てまで遡るのは印象的でした。企業側からしても、あまりメリットを感じないのが、率直なところだと思います。
しかし、供の育成から目を向けるのは長寿企業としてもポイントだと思いましたし、テレワーク導入に伴い、そういった家族の時間が増える中、この慣習は大事にしておくべきことなのかなと思いました!

最後まで読んでいただきありがとうございました!





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター