fc2ブログ

記事一覧

【伝統芸能班 JAPAN REBIRTH PROJECT】 文化経済学って何? WHAT IS CULTURAL ECONOMICS ?

ごめんやして遅れやしごめんやし〜で既におなじみ(?)のK7のなりです。
関西人ならば、毎週土日のお昼は放送されている吉本新喜劇を見ながらリビングでご飯を食べるのが伝統的な習慣だと信じております。だからこそ、関西人のみなさんには「ごめんやして遅れやしてごめんやし〜」とは何かを説明するまでもないと思います。(知らない人はググってね
これを言わないと湯婆婆に間違われますので、、、

さて、そんな吉本新喜劇もコロナの影響を受けてしばらくの間、なんばグランド花月劇場の営業を停止していましたが、約3ヶ月半ぶりに6/19より客数を大幅に制限し、コロナの感染拡大防止に最大限の配慮をしたうえで営業が再開されました。(時事ドットコムニュース「なんばグランド花月が再開 吉本興業」2020年06月19日11時56分 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061900562&g=soc)
関西にとって、お笑いとは日常の娯楽であり、同時に伝統的な文化であると表現しても過言ではありません。そのため、伝統芸能班としてもこのようなコロナ禍でお笑いも含めた文化やその他の伝統産業がどのような対策を講じているのかいうことには大変注目しております。また偶然にも、私たち栗田ゼミの多くは経済学部に所属しているということから、「文化経済学」という文化にまつわる現象を経済学的なアプローチによって分析する、経済学の中でも比較的新しい学問領域についても研究しています。今回はそんな聞き慣れない「文化経済学」についてご紹介していこうと思います。
そこで、参考にするのがこちらの書籍
「文化経済学 理論と実際を学ぶ」 後藤和子・勝浦正樹 編 有斐閣

IMG_8676.jpg

そもそも文化経済学とはなんなのか という疑問について、Towse(2010)を引用して
次に挙げられた質問を経済分析を使って答えるのが文化経済学だと答えています。

・ポップコンサートやオペラの価格はどのようにして決まるのか
・芸術の世界ではなぜ、一握りのスターがたくさん稼ぐのか
・なぜ、大多数の芸術家は貧乏なのか
・なぜ、ハリウッドなどの特定団体が映画などの特定産業の市場を独占しているのか。
・映画やレコードの成功を予測することは可能か。
・違法ダウンロードは、音楽産業にダメージを与えるか。
・美術館や博物館などのミュージアムの入館料を無料にすると、入場者数は増えるか。
・なぜ、政府は芸術を支援するのか。
・文化遺産を守るために、我々はどの程度支払う意思があるのか。
・なぜ公共放送局が必要なのか。

以上、10の質問に答えるには、伝統的な経済学による分析では無視してきた部分を考慮するために、芸術や文化という世界を、社会学や経営学など、他の分野の知見を取り入れながら、観察する必要があります。たとえば、芸術家の多くは貧乏なのかという質問に答えるために、伝統的な経済学が対象とする経済的価値の利益最大化を目的としても、芸術家の創造性や創作活動に取り組む動機など無視していては、芸術品の価値を決める文化的価値を評価することはできません。また、文化遺産を観光に活用し経済的価値を最大化したとしても、肝心の文化的価値が損なわれては、本末転倒です。つまり、「文化」については、社会学、経営学等の社会科学の諸分野と美学、芸術学など人文科学などと学際的なアプローチによって分析する必要があり、その一つが文化経済学なのだと言えるでしょう。

まずは、みなさんにもぜひ以上10の質問について、ご自身で考えてみてほしいです。特に違法ダウンロードの質問について、私は興味深い結果を知っています。伝統的な経済学の分析によると、「すでに作成された音楽はすべて、無料でダウンロードできるようにする方が世の中のためになる」ということが知られています。しかし、音楽産業の立場で考えると、常識的に無料にすべきだとは言えません。この問題について詳しくは、神取(2018)を参照してみてください。

ここまで、長々と文化経済学について説明させてもらいましたが、もしかするとこの企画はシリーズ化されて、これからも文化経済学についての記事を書くことになるかもしれません。そのときは、ぜひご愛読していただければ幸いです。文化を伝統を守り続けていくために、これからもよろしくお願いします。ありがとうございました!

参考文献
神取道宏 (2018) 「ミクロ経済学の技」 日本評論社
後藤和子・勝浦正樹 (2019)「文化経済学 理論と実際を学ぶ」有斐閣
Towse,R. (2010) "A Textbook of Cultural Economics, Cambridge University Press.
時事ドットコムニュース「なんばグランド花月が再開 吉本興業」2020年06月19日11時56分 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061900562&g=soc



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター