FC2ブログ

記事一覧

【外国人班】今、外国人労働者の現状はどうなっているのか。 Part2

ども。K7のヒビキです。
全国において緊急事態宣言も解除されましたが、いかがお過ごしでしょうか。
僕は生粋のインドア派という事もあって発令中と変わらず自宅警備をする毎日を送っています。
父親もリモートワークは続くそうで、このまま社会の様々な部分がオンライン化していくようにも思います。

一段落ついて様に思えるコロナですが、このコロナが経済に与えている負の影響はすさまじい事は明らかです。ニュースを見ていてもコロナが日本経済に与える影響は何兆円だとか賠償金として~京円を求めるとか、日常生活では考えられないような桁が目に飛び込んできます。

前回のえのりょうのブログにおいてもそうですが、こういったコロナの影響は日本人だけでなく外国人労働者の方も被害を受けていて、その支援は仕方がない部分はあるとしても不十分な事が現状です。
今回のブログではコロナに苦しむ外国人労働者の方を支援する記事を見つけたのでそれを紹介させていただけたらなと思います。

皆さんも緊急事態宣言の発令と共に外出を控える事が多くなったかと思います。
そして、同時にウーバーイーツやテイクアウトなどといったサービスを利用する事が多くなったのではないでしょうか。そこにJobchain株式会社は目をつけ、外国人人材のサポートとしてフードデリバリーサービスのEASIと提携し外国人によるデリバリーサービスを開始しました。突然の解雇で生活苦に苦しむ外国人の方にとって、このような働き口の存在は自身の生活を安定させる上で非常に助けになるように感じます。

こういった支援を行政だけに任せていては手続きが煩雑化し、成立まで非常に時間がかかるようにも思います。だからこそ、こういった形で民間の企業が外国人支援の一つの形を形成する事は非常に有意義で重要な事のようにも感じました。

全体的に固い文になっちゃいましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました~


引用した記事:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000004.000048533.html
PRTIMES 【失業する外国人労働者を支援!デリバリー人材を確保!】
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター