fc2ブログ

記事一覧

【中小企業班】 美味いもの食べてコロナ危機を乗り越える!? :中小企業班


どうも。K8のかずひとです~!!
みなさんコロナコロナで、外食も満足にいけず、美味しい食べ物を食べられていない。という食に対するストレスが溜まったりしてませんか?
その解決策として様々な企業が、テイクアウトの対応に追われていますが、
外食出来ない代わりに、お家でプチ贅沢という需要が上昇してきてますね。

急ですが、私、カンブリア宮殿というテレビが大好きでして、毎週録画して欠かさず観ております。笑笑
そこで、今日は番組で紹介されたプチ贅沢に欠かせない、ある高級スーパーのご紹介を致します。

グランドフードホール

というスーパーをご存知でしょうか?

このスーパーは、蕎麦であれば1種類のみ、マヨネーズであれば1種類しか取り扱わない。つまりバイヤーによって究極に厳選された商品のみを扱うお店なんですね。
兵庫県であれば芦屋、東京であれば六本木にあります。

お客さんの意見では、
「目をつぶって商品選んでも間違いない。」

と評判もかなりのものです。

このスーパーは「スマイルサークル」によって運営されております。そして、社長の岩城さんが大変味に対する熱意が強く、全国津々浦々の美味しいものを自分の舌で確かめ、自身の食卓で調理して食べてみる。
「最後の最後までほじくってまで食べたいか。確かめる。」為だそうです。
かなり衝撃だったのですが、

もっと印象的な言葉がありまして、
「採用する商品は小さいお店が多い。」

これは全く小さいお店を中心に探しているからということではなくて、自然と美味しい物を探すと"小さなお店"のものになるんだそうです。

ここで言われる小さなお店は、皆さんご存知、中小零細企業(個人経営も含む)を指します。
やはり、大企業にはない「気持ち」というのが入っていると思いますし、職人にしか出せない価値があると思いました。

しかし、昨今の情勢からそういった価値を生み出す企業が"倒産せざるを得ない"。

という現実に悲しく思うばかりです。

しかし、そういった企業を救う方法だってあるんですね。
それは「私たちの買い物」です。
岩城さんが言ってましたが、買い物は投票
美味しい物を残したいという商品を購入することで、そのお店は存続できるんです。

私たちは食によって今の体を、健康を維持できています。したがって、決して美味しいものにお金を使うことは勿体無いということはありません。

今一度、「私たちの買い物」を見直してみて、美味しいもの食べて心を豊かにし、価値ある中小企業の存続に貢献する。

是非みんなで日本の経済を取り戻しましょう!

カンブリア宮殿のURL貼っておきますね♪
カンブリア宮殿2020年5月21日放送

最後まで読んでいただきありがとうございます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター