FC2ブログ

記事一覧

5/8 新しいゼミのカタチ

こんにちは!K7のりさです( ^ω^ )
皆さんいかがお過ごしでしょうか?

自粛期間で家にいる時間が多く、人に会うことも少ない中で「あ~面白くないな~」なんて思っている方も多いかと思いますが・・・
私はそんな時こそ何もない日々の中で一日一つ以上面白かったことや新たな発見を探して書き留めるように日記を書いています!
ちなみに最近の新たな発見は『「空」の部首が「あなかんむり」』ということを知りました。
(この21年間「うかんむり」だと思ってた・・・)
ってな感じで皆さんも何気ない日々の中でいつもは気づかなかったことなどに目を向けて書き留めてはいかがでしょうか(^-^)/


ということで今回も全体ゼミの様子についてご報告させていただきます!

0508 リモゼミ

題名にもあるように「新しいゼミのカタチ」ということで先週のゼミにひき続きリモートでゼミを行ないました!
いつも深夜まで行うブラックゼミが、前回、前々回と19時前後で終わったのでさすがにリモートでは深夜までしないか

・・・・と思ったのも束の間。今回は17~25時までしっかりブラックでした


それもそのはず、K8のマダガスカル論文の第一回報告会が行われました!
リモートでの報告は難しく、いつもはパワーポイントを使ってプレゼンするのですが
事前に資料を共有し、読み込んで、全員からの質疑応答という形でした

私たちもちょうど一年前にマダガスカル論文の準備をしてたかと思うと時がたつのはほんとに早いです・・・
第一回報告会ではまだまだケツが甘く、先輩からの質問にうろたえていたのをよく覚えています。


しかし!!!
今回のK8報告はどの班も本当によく調べられていました!!感動です
いつもと違った報告の方法で、逆に全員から質問されるためなかなか難しいものですが
質問に対してきちんと答えられていて感激していました。゚(゚´Д`゚)゚。
でもまだまだ詰めていけるところはたくさんあるのでマダガスカル渡航経験のあるK7などを
たくさんこき使っていい論文を仕上げていってください


そして今回もビブリオバトルが行われました~~~~!

今回の挑戦者は
K7からは、ゆうこ、りさ(私)
K8からは、ちさと、かいと の4名でした。
それぞれ持ち寄った本について投票数が多かった順に紹介していきます( ̄^ ̄)ゞ


第一位 投票数15票 K8ちさと
『発達障害という個性~AI時代に輝く突出した才能を持つ子どもたち~』
著者:大坪信之
内容:幼児期の教育に焦点を当てて、「潜在能力を引き出す」「才能を伸ばす」ヒントが綴られています。自らも発達障害である著者が、「発達障害の可能性を多くの人に知ってっもらいたい」と書き上げた一冊です。



第二位 投票数7票 K8かいと
『金閣寺』
著者:三島由紀夫
内容:1950年に実際に起きた金閣寺放火事件に対し、三島由紀夫が容疑者の人物像や犯行動機に対する自身の見解を基に書き下ろした作品です。

第二位タイ 投票数7票 K7りさ
『ぼくを探しに』
著者:シェル・シルヴァスタイン
内容:主人公であるかけた丸が自分のかけらを探しに行く絵本です。主人公を自分に当てはめて読んでいくと、「自分のかけらなんだろう」と人生についてとても考えさせられます。

第四位 投票数4票 K7ゆうこ
『ちびねこ亭の思い出ごはん黒猫と初恋サンドイッチ』
著者:高橋由太
内容:新進俳優として注目されていた兄が、自分をかばい交通事故で亡くなった。やり場のない悲しみと後悔を抱える琴子は、死者に再会できるというある食堂に向かう。その店で故人との思い出の料理を食べると、、、、???


という結果です!

っくう~~~~~~~~
私は二度目のビブリオで1度目がボロボロだっただけに今回は自信のある、みんなに本当に読んでほしい本を紹介したのですが・・・・一歩およばずです・・・・(T_T)

紹介させていただいたものはどれも魅力的な本ですので是非皆さんも読んでみてください!!!
おうち時間にピッタリです♪


最後になりましたが、リモートゼミだと画が変わらないのであまり写真がない文章ばかりのブログになってしまいましたのですが、、、

G7.jpg


これは前回のゼミ終わりにK7女子でリモートで就活の状況報告や情報交換、ガールズトークをしました!
久しぶりにみんなで話すと楽しいですねo(^▽^)o 21時~24時頃までぶっ通しで話していました!

おうち時間が退屈なそこのあなた!K7女子の美女たちを見て癒されてください




ではでは、、最後まで読んでいただきありがとうございました!
毎週ゼミの様子をブログにあげるので少しの暇つぶしにでもなればと思います\(^o^)/

来週もお楽しみに~~~~~☆彡



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!