FC2ブログ

記事一覧

【JAS】TSUNAGARUParty2020を開催しました。

こんにちは!K8のはるかです。
1月25日TSUNAGARUParty2020が開催されました!
少し遅くなってしまい申し訳ないです。
1ring

開会式の様子です。

2020年のTSUNAGARUPartyは、なんと9団体26名の方に参加して頂きました!
今回参加していただいた団体はこちらの方々です。

Book For Childrenさん
国際交流学生団体one worldさん
STUDY FOR TWOさん
関西学院上ヶ原ハビタットさん
神戸学院大学ボランティア活動 支援室学生スタッフ国際班さん
Creating Happiness for Journeyさん
CIU (CUBE国際協力Unit)さん
国連外交サークルさん
学生国際協力団体にょんにょんさん

色々なグループワークがあった中、皆さん盛り上がっていた様子で私達も嬉しかったです。

TSUNAGARingは国際協力団体のつながりを広げることを目標にイベントを開いています。このTSUNAGARUPartyのようなイベントに参加していただくことで、学生同士のツナガリを深め、「こんな活動している所があるんだ」「うちの団体にも取り入れてみよう」などと思っていただければと思います。


今年のTSUNAGARUPartyは13時から18時過ぎにかけて行われ、長時間でしたが内容がギュッと詰まっていました。
具体的には、このようなスケジュールで行われました。

13:30~13:40:開会式
13:45〜14:15:団体報告会1部
13:25〜14:55:団体報告会2部
15:20〜16:50:お悩み相談
17:10〜17:30:書き初め
17:35〜18:00:閉会式+お手紙交換
19:00~21:00:ホントウノツナガリ

【団体報告会】
団体報告会では、参加していただいた団体を2グループに分けて行いました。

まずは、事前に団体ごとに用意していただいたパワーポイントを使って発表を行いました。
皆さん「ONETEAM」という言葉はご存知でしょうか?

昨年ラグビーW杯で注目された言葉で、流行度大賞にもなりました!
その言葉にあやかり、「各団体での活動で最も全員が一つになれた」、「団体外部の人たちと繋がれた」時など団体がONETEAMになった瞬間を、写真を使ってエピソードトークして頂きました。
そしてその後、昨年度の反省と今年度の目標を発表していただきました。

他団体がどんなことを普段しているのか、困っていることはなんなのか、私は思い返してみるとここまで詳しく聞く機会はありませんでした。
ですので、何回も質問してしまう程真剣に聞くことができました。
質問すると、皆さん詳しく教えてくださってとても嬉しかったです
それに、やはり当事者に実際に聞いてみないとわからない発見もすることができました。


そして団体発表の間に、発表した団体宛てに感想をお手紙に書いていただきました。
そのお手紙は閉会式のお時間に交換して頂きました。後ほど詳しく書かせて頂きたいと思います。

【お悩み相談】
ここからは栗田先生にファシリテーターとして参加していただきました。
6.jpg

お悩み相談では、団体が抱える悩みをみんなで解決しようというグループワークでした。
例えば、各団体から事前に伺ったお悩みでは、「ミーティングの出席率が悪い」というお悩みであったり、「活動内容や募金が外部の学生にわかりづらい」というお悩みが多く出ました。

まずは、グループワーク模造紙を使ってマインドマップを作製しました。
マインドマップでは真ん中に、「団体の課題」を置き、どんどん案を広げていきました。

花火

この写真はグループで出た意見を発表中の風景です。
最初は小さい課題だったものが、話し合うにつれてどんどん根本的な問題に近づいていき、最後の方には皆さん真剣に悩んでいらっしゃいました。
4.jpg


【書初め】
お悩み相談で、仲間意識が重要なんだとなった後に、話したことも含めて
今年の活動を表す一文字
を団体ごとに書初めして頂きました

2時間ほどのお悩み相談会の後で、皆さん何を書くのだろうとワクワクして見守っておりました

5.jpg

様々なグループワークの後、団体紹介の間に書いていただいたお手紙を交換し、栗田先生の挨拶と、実行委員代表の挨拶でTSUNAGARUParty2020は閉会しました。

最後に、集合写真で締めくくりたいと思います。
8.jpg


最後までご覧いただきありがとうございました。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント