fc2ブログ

記事一覧

【障がい者介護班】平木中学校訪問

こんにちは〜〜K8 のちさとです!!

2月4日に平木中学校にお邪魔させていただきました〜

内容は中学生に老人になること,認知症のことを体験学習してもらうためです.

いつも障がい者介護班でお世話になっているKさんのアシスタントという形で参加させてもいただきました.

Kさんらが中心に行われる平木中学校のこの出張授業は,今回が6回目だということでした!
わたしは今回初めて参加させていただきました.来年度も参加させていただくつもりです!!!
実はKさんとは前日の夜に初めてお会いしたのですが,大変気さくで,私たち学生を大変温かく受け止めてくださる方で,ついつい自分の人生相談を持ちかけてしまうほどでした笑

そろそろ本題に入りたいのですが...

中学生に,老人になることを体験してもらう...??と思われた方もいらっしゃると思うのですが

本当になれるんです!!笑
厳密に言えば,体に重りを装着し,関節にサポーターを逆向きに巻いて動きづらくし,ベルトで腰を丸めて,うんぬんかんぬん...

実際にこちらの写真をご覧ください!笑

障害者出張授業2障害者出張授業1

どうです?

これ,想像以上に痛いし,きついんです...

耳には防音イヤーマフをつけており,話しかけられてもあまり聞こえない感じです.
他にも目には,見える範囲が狭くなる視野狭窄のメガネをつけることも可能でした.

ご老人の気持ちを理解し,どのようなサポートをされると助かるのか,を身を以て学習するにはもってこいの体験でした.

私の祖母もすごく腰が曲がっており,いつも痛みを訴えています.
しかし,私はその痛みを感じることはできませんでした.今回体験できたのは自分の中で見大変貴重な体験でした.

自分が体験した後は,メインの中学生に装着の手伝いをし,同じような体験をしてもらいました.

明日からこのような生活になるって考えたらどんな気持ち?と聞くと「辛いから絶対嫌だ」という意見が多数...しかし,現にこのように腰が曲がったおじいちゃんおばあちゃんが街中にいることを伝えると,今後は何か自分にできることがあればサポートしたいという気持ちが高まったとのことでした.

このような体験ができるのは,他の学校ではあまりないと思います.

そして,この体験ができたかできてないかで将来の潜在アウトカムはすごくいい方向に進むと思います.
また,自分が体験して学習することで得たものはすごく大きい獲得だと思います.

今回の体験より介護に関する正の関心が平木中学校の生徒から周りに波及することで,日本の福祉は少しづつ良くなっていくのではないかと思いました.

皆さんも街の中で腰の曲がった方をお見かけすることはあると思います.その時,優しい声かけや,サポートが大変助かります.自分がその身になって実際に体感したのでわかります.



私は今回のボランティアを通して,教育の難しさを痛感しました.特に介護分野は関わりのない人も多く,どうしても自分のことと照らし合せて考えるのが難しい人たちも中にはいらっしゃると思います.
その時にどう工夫したら学ぶという視点で一歩先に進めるのか,大変難しかったです.Kさんを含め,ベテランのボランティアの方たち,先生方はやはり教えるのがうまいな〜と感服いたしました.

今回は体験のお手伝いだけで忙しく,認知症の方についての学習講義には参加できませんでしたが,来年は参加して私自身ももっと学びを深めたいとおもいます.

それではみなさま風邪などひかないように〜
ではでは〜^_^

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター