fc2ブログ

記事一覧

【子ども班】大成中学校への「報告」と「来年度に向けた協議」

おはこんばんにちは!K8のけんすけです!
いや~みなさん今年の冬は暖冬といわれていますが、まだまだ寒いですよね~

K8は1月の下旬に3泊4日の竹野合宿(ゼミ合宿)に向かい、極寒の中身体は凍え、寝不足からのスポーツ大会、竹野海岸に飛び込む…などの過酷なものだったかもしれません。しかし、それ以上に新しい発見や新たな出会いがあったことだろうと思います。
そんな辛くも楽しい竹野から帰ってきて、「さぁ~~春休みだぁ~~~!!」なんて思いたいですが、休む暇もなく子ども班に傾注です!!!!!!僕たち大学生の春休みは中学校で過ごすことになりそうです笑

では、本題に移りたいと思います!

~大成中学校 校長室にて~
昨日2/6、私たち子ども班のK7,8の計5人で普段お世話になっている、大成中学校の校長先生と子ども班と中学校の関わりについて話し合いました!まず初めに、今年度についての振り返りを行いました。今年度から関学と大成中学校の関わりは始まり、もうすぐ1年が経とうとしているところです。早いもんですね。論文、テスト、アンケート、、、、とやっていくうちにみるみる時間は過ぎてしまいました。その中で、やはり肝心の子どもたちと関わる時間というものを十分に確保できなかった部分があったことは反省点でした。そうして2月からはたくさん大成中学校のサポートに行かせていただいています。2月からは子ども班のメンバーだけじゃなく、同じゼミ生にも協力してもらい、生徒と関わってもらってます。校長先生は、こうして中学校にゼミ生が常にいる状態を作っておくことによって、自分たちの企画であったり、イベントであったりを実行しやすくできるとおっしゃっていました。

また、今年度の報告としてISFJの論文大会で使用したPowerPointを用いて、中学校の生徒のみなさんからとったデータをどのように論文に活かしたのか、を中心にご報告させていただきました。経済学を普段学ぶ私たちが考える「教育」と、普段から生徒たちと関わる先生たちが考える「教育」には、若干の乖離があることが分かりました。それはどちらが正しいといったものではありません。しかし、子ども班として経済学的な考えとともに、教育学的な視点を持つべきだなと思いました。


PowerPointによる報告のあとは、来年度に向けて大成中学校でどのようなことをして、子ども「知的刺激」を与えようか、という協議を行いました。これまで出張授業や大学見学ツアーを実施してきて、子どもたちからのリアクションはすごくよかったです。そのため、来年度ではこのようなイベントをもっと増やし、学校での勉強以外のアプローチで子どもたちの認知能力を長期的に向上させていこうとなりました!!そのため、今は信頼関係の構築を目的として、これからも中学校にお邪魔させていただきます。

ここまで子ども班のことに興味を持っていただき、今後の尼っ子プロジェクトへのサポートをしてくださる校長先生には感謝しかありません。これからもよろしくお願いします!!!

、、、と、子ども班と校長先生の6人で写真を撮ろうと思ったのですが、写真NGだったので写真は載せることができません!!


~協議のあと~
協議が終えた後は、子ども班の5人で校長先生とお話したことを踏まえて、自分たちのこれまでの活動の反省や、今後の指針について話し合いました!!

kodomo

いや~パフェとか食ってますけど3時間くらいMTしました笑
なおとは撮影係お願いしたのでこの写真には写ってないんですけど、ちゃんといましたよ。。。


終電間際までMTしていたので、駅まで走りました。全力ダッシュです。
普段のゼミ帰りが思い起こされます笑
DA4230F6-A19B-41F0-B91E-87745B53750C.jpg

ちょっと画質悪くて伝わりにくいですかねーー。



とまあ、こんな感じで2020年も子ども班はスタートしました!
身も心も子どもになって暴れていきましょーーーー!!!!




以上 K8けんすけからでした~
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター