fc2ブログ

記事一覧

【K11】 もう年末だってさ!

こんにちは!!
K11のけんたろうです!

今年も残すところあと25日ほどになりました!
私にとって2023はとにかく刺激的な1年でしたね。
お正月は常夏のマレーシアで迎えて、2月末には極寒の日本へ帰国。マツケンサンバを踊って、マダガスカル、ケニアに向けて論文や渡航の準備をしながら、100キロ歩いて、祭りで提灯回して、気づいたらマダガスカルの広大な平原に立っていて、バリでは海中の美しさに虜にされ、気づいたらもう12月。本当にあっという間だったけれど、「生きた」と思える1年でした(^-^)/たくさんの未知と出会って、考えて、上手くいかなくて、でも、たくさんの人との新しい出会いがあって、別れもあって、喜びもあって、いまこうして2023を終えようとしている。とにかく、周りにいるすべての人に支えられた1年だったし、出会いによってたくさんの学びを得たし、心から楽しんでいた1年。来年も、もっと多くの人に出会う旅に出たい!!


 2023年は、ほとんどの時間をゼミ生と一緒に過ごしました。最高の仲間だし、本当に面白い人ばかり(笑)。けんたろうが選ぶゼミ生と過ごした日常ベスト5の写真を紹介したいと思います~

そらけんたろうめぎ
一晩歩き続けて、関学前ローソンに帰ってきて、1限フランス語で居眠りしてしまって怒られる前。3人とも戦闘力ゼロ。

明石
長かった明石の海岸に別れを告げ、日暮れとともに、これから始まる地獄の後半50キロが見えはじめている。。。
 
なつ
最後の夏が終わって泣き崩れる大型二塁手(ゆうせい)と、なぜか歓喜に包まれるC地下。

shintaro.jpg
おーい!付いてるぞ~!in後川

チョココルネ
ケンピンスキーインターン最終日。毎日使わせていただいたチョココルネのような臭いの更衣室とお別れした日。


そして、そして、あきこのブログでも報告してくれていましたが、ケニア班の論文は政策提言賞を獲得しました(^∇^)ノ徹夜でコンタクトレンズがカピカピになるまで、政策提言を考えた甲斐があったなと思います(笑)。
ケニア班の強みは何と言っても「馬力」。とにかく納得のいく形になるまで、時には頭がぐちゃぐちゃになってしまうまで考えて、考えて、考えて、お互い意見をぶつけ合いながら、どんな時も最高の形を模索してきました!これは、ケニアの渡航中だって同じでした(大戦力であった1番俊足大型二塁手が欠場となると、かなりきついものがある笑)。論文発表前の休憩時間も惜しむことなく最終調整していました!マダガスカルの論文も執筆しなければならない状況で、ケニアの論文を納得のいく形まで持っていくことができたことは、私たちの「馬力」があったからだと思います。
kinia.jpg


ケニアの論文は、3つの計量分析から分かったことを、1つの政策提言に落とし込んでいくことが、本当に難しくて、すべての分析で興味深い結果が得られたけれど、それをケニアから遠く離れた日本と関連付けながら政策提言することが大きな焦点でした学者の方々に評価していただいたことは大変光栄なことだけれど、でも、ここからがスタートなのかなと。一緒に調査に協力してくれたケニアの大学生、そしてボダボダライダーの人たちに、何かギブしなければならないし、それが私たちの使命。ケニアは日系企業がアフリカの中で最も注目する国、そしてICT先進国でもあって、成長著しい国であるが、世界最大級のスラムだって現存しているし、ボダボダライダーのように社会から取り残された存在だって、まだまだたくさんいる!!そんな中で、ボダボダライダーに代表されるインフォーマル労働者の将来的な選択肢の拡大を目指す本政策提言が、実際に実現されるためには、私はもっと「伝える」ということに注力しなければならないかなと。人に伝わらなければ、ただの机上の空論になってしまうし、ドリーマーで終わってしまう私の言葉に、私がケニアを想う気持ちを乗せて、より多くの人に伝えていきたいし、このビジョンに共感してくれる人を増やしたいし、また新たなアイデアを生成していきたい。明治大学で行われるISFJの論文大会、そして政策提言の提言先でもあるJICA/JETROでの発表まで、残り10日ほどしかないけれど、もっと私たちの考え、想い、ビジョンを伝えることができるようなプレゼンテーションにしていきたいです~!
megi.jpg

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター