fc2ブログ

記事一覧

【K11】WEST論文大会政策提言賞取っちゃいました!!!!!

こんにちは!K11のあきこです!

今日のブログは、なんと待ちに待った論文大会WESTについてです☀️

栗田ゼミでは毎年このWESTと呼ばれる論文大会に出場をします。国内外の課題に対して計量でアプローチをして、得られた結果から政策提言を行う、という内容の論文を日本中の大学生が集まって発表する場です。
多くの大学のゼミ生はこの日のために1年間を捧げます。
それは栗田ゼミも一緒!でもちょっと違うのが『1人が出る分科会が2個』ということです。つまり1人2個は論文を書いてます。異常です。ちなみに今回からWESTは1人2つまでしか分科会に出られないという規定になったので1人2個なだけで、何人かは3つとか4つとか論文書いてますよ、共同論文とはいえちょっとイカれてですね。

さて、そんないっぱい論文を書いて、果たして栗田ゼミの結果はどうなったの?!?!と興味を持たられる方もいると思います。(知らんけど)

なんと!!!
栗田研究会からは2つの論文が受賞しました!!!
🎉🎉🎉🎉🎉
ほんとに安心しました、、、、一つも取れなかったらどうしようと思ったら😮‍💨😮‍💨😮‍💨
1_IMG_4507.jpg
IMG_4532.jpg


今回はそのうちの一つ、
「ボダボダライダーってどんな人?」という論文を簡単にご紹介します!こちらの論文は、政策提言賞をいただきました🏆

こちらの論文は、実際に私たちが8月にケニアに行って調査してきた内容をもとに書き上げたものです。ボダボダライダーというのは、ケニアにおけるバイクタクシーの名称です。アフリカには、バイクタクシーが広く利用されていて、ケニアのボダボダもその一つというわけです。
ボダボダはケニアの主要交通インフラの一つです。
しかし、ボダボダの生活は実に不安定なもので、彼らは毎日その日暮らし状態なのです。私たちの調査では、ボダボダは日本円で平均1日約2000円しか稼ぐことができません。そこで私たちはボダボダを調査し、彼らの現状となぜ、そのような低賃金になってしまうのかを定量的に分析しました。
この分析から、ボダボダライダーの認知能力の低さが彼らの生活が苦しい状況を引き起こすことがわかりました。


https://www.west-univ.com/
もっと詳しく論文を読みたい方、論文大会について詳しく知りたい方はこちらからご覧ください😌

何はともあれ、5月くらいから着々と準備を進め、実際にケニアのナイロビに現地調査をしにいって、渡航から帰ってきてすぐ計量分析をし、政策提言を考え、発表準備も、、!!!とこの半年とっても忙しかったけどとっても濃い時間を過ごすことができました。2日徹夜したのも一度や二度とではありません。時には学校が23時に閉まってしまうので、それからカラオケに行って歌わず、朝になるまで調査票を見直したり、分析をまわしたり、論文を書いたりしました。メンバーの中には気を失っていた人も、、😌

結果よりも過程が大事なんだ、なんて言いますが、なんだかんだ賞をもらえると嬉しいですね、
他大学の先生に講評していただけるのもとても勉強になりましたし、他大学の学生からの意見・質問も的を得ていて、まだまだ改善の余地もありました。他の学生の論文も考えさせられることばかりでとても刺激的な2日間でした!!!!!!

最後に、ケニア班のみんなほんっっっとうに今日までお疲れさま!!!みんなのおかげで賞をもらえるぐらい良い論文になりました!!ISFJまでこのまま突っ走ろう💫
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター