FC2ブログ

記事一覧

【CHJ】バリ生活一週間目!

スラマッソーレ!
マダガスカル調査を経て、バリに到着しましたK7の政安です!「スラマッソーレ」はインドネシア語で『こんにちは』という意味です

私たちK7はマダガスカルの農村部で1ヶ月間調査をしておりました!そしてこれから1ヶ月半バリでインターンを行います。
途上国であるマダガスカルでの生活に慣れてしまって、こっちに来てからトイレに便座があることやシャワーからお湯が出ることに幸せを感じております・・・。

そして、とうとうCHJの活動本拠地であるバリに到着しました!
S__28770315.jpg
これから毎週バリでの生活、それぞれのインターンについて更新していきますのでお楽しみに( ̄∀ ̄)
また、インスタグラムでもみんなのバリ生活を更新してるのでそちらものぞいてみてください!「@chj.kuritaseminer」で検索🔍


さて、1週目にブログ担当をさせていただく政安ですが、1週目から書くことが盛りだくさんであります

バリに着いて1日目はバリツアーに参加しました!アピマガジンの日本語ペラペラのインドネシア人の方がバリの観光地を案内してくれました。みなさんもバリに来た際は今回のツアーを参考にしてみてください



ではバリツアースターーーートッ!ミ☆⌒ヽ(*゚ロ゚)ノ



まず向かったのはタナロット寺院

S__28770306.jpg

バリ島中部タバナン県の海沿いにあるヒンドゥー教寺院です。私たちが行った時は潮が満ちていて、まるで海に浮かんでいるようでした!
夕方には綺麗なsunsetが見えるそうです



つづいて向かったのはジャティルイ棚田

S__28770308.jpg

みなさん世界文化遺産であるジャティルイ棚田をご存知ですかジャティルイ(Jati Luwih)は、バリ島中部タバナン県、バトゥ・カウ山のふもとに広がる丘陵地帯です。
棚田が一番美しく見える場所には、ちょっとした展望台とレストラン、カフェがあり、ゆっくりと風景を眺めながら食事をとることが出来ます。私たちはそこでランチをしました

S__28770310.jpg

ビュッフェ式でインドネシア料理が楽しめる場所です。みなさんもぜひ棚田を眺めながらインドネシアを感じてみてください♩



ランチを終えて次に向かったのはタマンアユン寺院

S__28770312.jpg

タマンアユン寺院(Pura Taman Ayun)は、バリ島中西部タバナン県ムングゥイにあるバリ島で2番目に大きな寺院です。短パンや短いスカートの方は、サロンの着用が義務付けられています

世界遺産に登録せれていて、バリ島で一番きれいな寺院ともいわれています。あまりの綺麗さにCHJのゆうた君もこの表情

S__28770311.jpg



終盤に差し掛かったバリツアーが向かったのは、ウルワツ寺院

S__28794965.jpg

本日3つ目の寺院!寺院の写真を撮り損ねちゃったので寺院からの景気をCHJの癒し担当みさととともにご覧ください( ^ω^ )
ウルワツ寺院は、バリ島南部バドゥン半島の南西の岬の先端にある、海の精霊ブタラ・ダラム・ベジを祀ったバリ・ヒンドゥー教の寺院です。そこではバリ舞踊の一つであるケチャダンスを鑑賞することができます!


ん、ケチャダンスって何???
ケチャダンスとは上半身裸の男性たちが一生『ケチャケチャケチャ!』と合唱します。
なんだそれ?!と思うかもしれませんが、実際みてみるととても楽しく面白かったです。ケチャ!と声を出すのもリーダーの人が指揮をとり息を合わせてリズムを刻みます。ストーリーがあってそれもなかなか面白いです。最後の方はアドリブをきかせて観客の人も含めて楽しませてくれました!

S__28770313.jpg


すっかり日もくれて夜は伝統のバリ料理ディナーを食べてホテルに帰り、バリツアーが終了しました。1日でバリを満喫できました

どこか気になる場所はあったでしょうか今回行った場所はどこもお勧めできるところなのでみなさんもバリに来た際はぜひ行ってみてください!

次の日からそれぞれのインターン先に配属され、インターンが始まりました
ちなみに、私はワタベウェディングで働かせていただいてます。実際の挙式を目にした時は感動してしまいました…目の前である1組のカップルが永遠の愛を誓い合っているんです。涙を流さずにはいられませんよね?
一生に一度の大切な日をお手伝いさせていただける仕事ってなんて素敵なんでしょう。でもそれ以上に責任ある仕事なわけですので気を引き締めてこれから頑張っていきたいと思います💪


ではではこのへんで失礼いたします!最後まで読んでいただきテリマカシ~(ありがとうございました)
来週の担当はバリがお似合いのゆうなです☆彡

S__28770309.jpg
(あれ、隣の男の人は、、、、?!??!)




来週もお楽しみに〜〜スラマッティンガル〜(さようなら〜)(=゚ω゚)ノ

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター