FC2ブログ

記事一覧

オープンキャンパス

みんさんこんにちはー!
暑い毎日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?

今日は先日行われたオープンキャンパスの様子を紹介します!

関西学院大学の受験を目指す高校生を対象として、学部模擬講義や学校見学、入試説明会など様々なプログラムが行われるオープンキャンパスの中で、私たち栗田ゼミは経済学部の「学生生活紹介」の中の研究紹介という枠で出させていただきました。
大学に入って初めて始まるゼミがどんなものなのか、どんな活動をしている学生がいるのかをお話しました。

セッションの時間は1回あたり20分。
しかし...!
活動範囲が広すぎる栗田ゼミを20分で紹介するのは至難の業。
担当の3人で必死に時計を見ながら頑張りました。
4回×2日のセッションを通して私たちの発表を聞いてくださった方は455名!
たくさんのご来場ありがとうございました!!

S__4472855_convert_20190817003439.jpg


今回の発表内容は、海外フィールドワークTouch the WorldSmilocalの3つについてでした。
留学に行く学生や国際交流に興味を持つ学生が増えてきている中でどういったアプローチができるのかという視点について、栗田ゼミならではの海外フィールドワークとその調査から開発ミクロ経済学を通して見える世界とその可能性について、私たちなりに高校生に伝えました。
またそれだけでなく、Touch the WorldやSmilocalなど、地域の人や企業の方などとコラボレーションして活動している具体的な内容も紹介しました。事前に作っておいたPowerpointに沿ってお話しましたが、もちろん内容はパンパンでした(笑)

普段は毎日課題に追われながらも必死で活動して、カウンターパートの方のご協力を得て、自分たちにできることを一生懸命に考えています。でも必死すぎて、自分たちがどんなにすごいことをやらせていただいているか、客観的に見るという視点を忘れがちです。なので今回、こうして「ゼミって何をしているの?」という状態の高校生に向けて自分たちのしていることを対外的に発信してみると、いかにたくさんの、そして素晴らしい活動をさせていただいているか実感することができました。

一般的なゼミ活動の枠をかなり超えているので、私たちの話しを聞いて、高校生がどう感じたかは人それぞれです。でも、一人でも多くの人に、「大学生活のうちにやりたいことのきっかけができた」「新しい海外への目の向け方を知った」「なんか分からないけれど、ワクワクした」と思ってもらえればうれしいです。今回オープンキャンパスに参加させていただいた私たち自身、改めてここまでたくさんの、そして規模の大きな活動をさせてもらえていることに感謝することができました。

受験生のみんながんばれ!!!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント