記事一覧

【農業班】近況報告①関係人口×論文

低浮上でしたK9なおきです。就活も最終局面を迎えました。まあ、なんとかこの時期まで粘ってきた分、報われたような気がします。『妥協せず諦めず、勝ちで成功で終わる。』そのおかげで次の踏ん張りどころが来たときに勝ち癖のまま自分に自信を持って勝負できる。割と自分の強みなんじゃないかと今更ながらに思っています。

 

さて、農業班の現在ですが、『関係人口』これが大きなキーワードです。論文然り、イベント然りここから活動の全てに絡んで来ます。というか、この活動自体が関係人口論的な立ち位置ですね笑

 

論文はこちらのブログも是非参考に!

 

相変わらずここ数年は少数精鋭の農業班ですが(今となってはほとんどの班がそうかもしれないですね)、ありさちゃんは地球の裏側で強く生きているということで私も夏の暑さに負けていられません。

 

書籍とパソコンを行ったり来たりしながら少しづつ地を固めています。

小熊英二さんの『論文の書き方』(現在は友達に貸し出しています)であらためて筋立て方を学びました。よく、話が枝分かれして本筋が見えないと言われてしまう癖を直すべくです。

 

続いて、先行研究のパートも自分にとって課題点であり、量ではなく、如何に必要な情報を過不足なく提示するか。これは論文を読み比べながら取捨選択のトレーニング中です。

 

昨年は書き上げることに精一杯でしたが、今年はそれをアドバンテージに変えられるようにしたいです。

 

本日もご精読ありがとうございました。

次回は関係人口×イベントについてご紹介します。

お楽しみに。ではまた。

Comments

Post a comment

Private comment

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター