FC2ブログ

記事一覧

【障がい者介護班】フットサル大会・ダイバーシティカップに行ってきました!

こんにちは、じめじめした空気にもなんだか慣れてしまった障がい者介護班のヒナミです。
昨日大坂のフットメッセ天下茶屋で行われた「第2回ダイバーシティカップin関西」にボランティアとして参加してきました。

IMG_7405.jpg

みなさんダイバーシティカップのことはご存知ですか??
ダイバーシティカップとはホームレスや障がい者、LGBTなど社会から排除されがちな方がフットサルを通してつながれる場です。
(第2回ダイバーシティカップの詳細はこちらからご覧いただけます。)
世界的に有名なホームレス支援を行っている団体である認定NPO法人ビッグイシュー基金様のご協力のもと開催されています。

そんな大会で私たちはボランティアとして FC DEAF One's の選手方と同行していました。
FC DEAF One's の選手方は文字通り聴覚障害をもった方のフットサルチームです。
選手方が他の選手と話すとき、開会式などで困らないように、筆談やタイピングで補助させていただきました。

IMG_7404.jpg

聴覚障害を持つ方は言葉を発さずに手話やジェスチャーでコミュニケーションをとる方が多いです。
もちろん試合中も言葉を発っすることなく熱いプレーを繰り広げます。その姿はとてもクールでかっこよかったです。
そして、なんと!!本大会で FC DEAF One's はめでたく優勝することができました!!

IMG_7402 (2)

いや~~、昨年のサッカーW杯で日本がベルギーに先制したとき並みに興奮しました!!!!
選手たちとはこの日初めてお会いしましたが、自分事のように跳びはねて喜んでしまいました((⊂(^ω^)⊃))

一日聴覚障害を持つ方のサポートを通し感じたのは「なぜ排除されがちなのか?」ということでした。聴覚障害を持つ方は耳が聞こえにくいため私たちが助けてあげます。でもそんな方々もまた私がリフティング練習をしていると優しく教えてくださいます。
社会にはさまざまな方がいらっしゃいます。身体が不自由な方、ホームレスの方、LGBTの方、言い出せばきりがありません。でもその中の1つに身体が自由に動く方、億ションに住んでいる方、ヘテロセクシュアルの方も含まれるのだと思います。結婚しして料理も掃除も得意な方がするように、社会においても誰かと共生していくということは得意なことを得意な人がリードしてするというだけなのだと思います。『みんな違ってみんな良い』ってこのことだと思います。

とても下手くそで言葉足らずな文で申し訳ありません。
今回の活動を通して、疑問に感じることがたくさん出てきました。これから障がい者の方についてもっと勉強していきたいと思います。

IMG_7401 (2)

おわり。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント