fc2ブログ

記事一覧

6月14日の栗田ゼミ

皆さんこんにちは😊
K7の英語と旅行担当、トミーこと冨田でございます。

先日金曜日のゼミ活動についてブログを書かせていただきます。
私たちK7は第3回の研究報告を控えていたので、不安を抱えながらゼミに挑みました。
その様子も含めて、今回のゼミの内容を写真を交えて紹介します。

まずは恒例のビブリオです。
※ビブリオ:ゼミでは毎回5名程度のゼミ生が、みんなに紹介したいお気に入りの本を5分ピッタリでプレゼンし、最終的にどの本を読んでみようと思ったかゼミ全体で投票を行い、誰がより面白い本をうまくプレゼンできたかを競います。
私も今回ビブリオに参加しました。

私が紹介した本は『世界一周NAVI 世界一周航空券完全ガイド』(イカロス出版)です
私は旅行関連の情報を調べるのが大好きで、息抜きがてらよく各国の観光情報やフライト情報を調べています。
今回のビブリオで私は自分の好きなものを紹介すると同時に、好きなものに「没頭」することってとても大切なのではないかということをお伝えしたいと思っていました。
しかし、物事に没頭するというフローの状態は、求められる課題の困難さとその人の能力の双方が高く達成できないのだ、と心理学者であるチクセントミハイは言っているそうです。先生に教えていただきました。
今、栗田ゼミ生である私たちは、マダガスカル農村での調査や論文執筆、SmilocalとTouch the Worldの活動に「没頭」している身であり、私は旅行情報を調べることに「没頭」しているわけではないのかもしれません。
改めて、今目の前にあることに対して謙虚かつ積極的に、一生懸命取り組んでいこうと思うきっかけになったビブリオでありました。

他には、K6のたかしさん、K7のなおき、えのりょうも今回のビブリオ担当でした。
たかしさんは『知の進化論』
なおきは『夢十夜』
えのりょうは『プリズナトレーニング』
を紹介されてました。

発表の様子↓
6月14日ゼミブログ(2)

本日の投票結果はこちら!
6月14日ゼミブログ(3)
なおきが優勝でした!!
私は惨敗でございます。。。

さて、続いて行われたのが第3回研究報告会です
K7は7月末からマダガスカルで世帯調査を行い、全5班が論文を執筆します。
論文執筆に向けて、これまで現状分析とテーマ設定、理論モデルを決めてゼミで発表してまいりました。
今回はそれらに加えて実証モデルを発表しました。
各班、深夜までのミーティングを重ね、試行錯誤しながら、今日の発表に取り組んでいました。
世の中には、本当にたくさんの論文がありますが、それぞれがどれだけの努力と時間によって作られてきたかを日々身に染みています。

発表の様子
6月14日ゼミブログ(5)
6月14日ゼミブログ(4)

本日も盛り沢山な一日でした。
今後とも、栗田ゼミの活動を見守っていただけると幸いです。
来週のゼミブログもお楽しみにぃ〜☺️
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター