fc2ブログ

記事一覧

【JASID-JASNIDS】TSUNAGARing2019を開催しました!

こんにちは!
JASID-JASNIDS2期代表の、K6のゆうしです!
今日は、6/8に開催した「TSUNAGARing 2019」についてのブログを書きたいと思います!

TSUNAGARingは、全国の学生ボランティア団体のネットワークの構築を目的として、JASID(国際開発学会)の協賛の元開催されている活動です。具体的には、3年前の2017年より始まり、年に一度、国際ボランティア活動を行う学生団体と、JICA職員や大学教授を招いて学生同士の「横のつながり」と「学生と専門家の縦のつながり」この2つの「TSUNAGARI」を活性化することを目的としています!!
より詳細な活動内容については、以下のURLからHPに訪れて下さいね(^-^)
https://kurikuriresearch.wixsite.com/jasidjasnids


さてさて、TSUNAGARing2019ですが、まずは、開会式の写真です!!

開会式


この開会式、僕にとってはとても思い出深いんです。
実は僕は、3年前のTSUNAGARingに参加していました(°_°)
3年前は当時の初代代表:加藤要に招かれ、学生団体Infinite Connectionのメンバーとして参加していました。
そこで、学生団体みんなの前で開催式の挨拶をする要さんがめちゃくちゃかっこよくて!!栗田ゼミに入ったきっかけは、学生団体の創設者が栗田ゼミ出身者だったのですが、JASNID-JASNIDSに入ったのは、間違いなく要さんの影響でした。実際今も、入ってよかった。と心底思っています。
2回目のTSUNAGARingは初めてイベントの運営者として要さん主導の下参加し、そして今回は、代表として、思い出深い開会式の場に登壇できました。
緊張して、(時間が押していたのもあって)、足早に終えた開会宣言でしたが、「3年間ってあっという間だなぁ」と思いながら宣言させてもらいました。


団体の目標宣言の機会も設けています!
1団体5分間の発表で、発表後にはゲストとしてご参加いただいている専門家の方々から講評をいただけます!
今回は16団体が参加してくださり、スケジュールを大幅にオーバーするくらい学生たちは真剣な発表を。ゲストの方々もアツイ講評をしてくださいました🔥

団体報告

参加団体の中には、15回以上スタディーツアーを行なってきた団体や、一度は解散してしまったけれどももう一度復活に向けてメンバーが集まってきた団体。設立6ヶ月の団体や、JICAの草の根事業を行う団体など、本当に多種多様に渡る団体が集まりました!
教室移動の際も、同じ活動をしている団体同士で連絡先を交換しあったりと、最大限にこのTSUNAGARingを生かしてくれている方々がたくさんいました!
イベント後に、ラインでゲストの方とぶつかることもあったが、宝のような経験になったと送ってくれた学生もいて、とても感慨深かったです。

団体発表の後は、哲学対話を行いました!
哲学対話は、お互いの地位や肩書きに関係なく、何を言ってもいい。というのがルールの1つにある「もやもや」する話し合いです(笑)
「貧しい人を助けること」をテーマに、異国の他者と長年関わるゲストと、そんな世界と関わり始めた学生らが、それぞれの意見を交換し合いました。

哲学対話

国際協力は、貧しい人に関わる活動です。(貧しいと一言で言っても、どの側面でみるかなど議論すべき事は多いですが)
そんな彼らを、助ける。と言うのは簡単ですが、実際やるとなると別物です。彼らには彼らなりの生活や文化があり、そんな環境に外国人が土足で入っていくのですから。「助けるって何?」と言う疑問が浮かびながら活動していた学生団体時代を思い出します。そんな、国際協力の難しさや、関わる人たちの葛藤。そのような事につて、自分なりの言葉で表現してもらいました。

哲学対話の後は、ゲストの方々と学生から代表で数名に登壇いただき、「私とは違う他者を理解するとはどういうことか」と言うテーマでトークセッションを行いました。

トークセッション

登壇者からは、自らの原体験をもとに、様々な意見をお話いただきました。それでも、共通していたのは、とにかくよく話す。とこであったり、中道を選ぶ。と言う事だったように思います。
言語や文化の違うホストマザーと上手くいかず悩んでいたが、泣きながら話してお互いの思っていることを話してみると、その後からどこかお互いの関係性が近づいた気持ちになっていたり。0と1で判断できないことばかりの世の中であることを受け入れ、好きor嫌い。勝ちor負けの2元的な容易な判断だけをしてし舞うことの危うさ。など、本当に濃密で、ゼミ活動の中でも、議論した話題が出てきたりして。瞬く間に1時間が過ぎて行きました。

集合写真

イベントの終わりでは、「ホントウノツナガリ」と題して、懇親会を開催しました!
真剣な話が多かったイベントとは反転して、各テーブルから笑いの絶えない懇親会でした!
ワイワイしすぎて、声がちょっと枯れました(笑)
僕のテーブルでは、学生団体の活動以外にも、スキューバダイビングのライセンスを持っている学生さんがいたり、射撃部に入っている学生さんがいました!
みなさん、めっちゃエネルギッシュでしかもいろんな面白いエピソードを持ってて、、、
まだまだ負けてられないな!!と、刺激を受けました☺️


さて、最後になりますが、このTSUNAGARing 2019を持って僕はJASID-JASNIDSの代表を引退しました!
次期代表は、K7、伝統芸能班のなりに努めてもらいます!
2年間没頭させてもらったこの栗田ゼミの環境に感謝しながら、後輩達にもこの活動の楽しさと意義を伝えるのがこれからの僕の残り半年の使命だと思っています。
新しいK8も入ってきて、11月にはTSUNAGARU Fes、12月にはJJ政策フォーラム、1月にはTSUNAGARU Party(予定)などまだまだイベントが目白押しですが、メンバーの一員としてこれからもしっかり活動していきます!

読んでくださった方々、ありがとうございます!
要さん、JASに導いてくださり有難うございました!
なり、頑張れよ!


PS
要さん、TSUNAGARing2019の報告も兼ねて食事会でもどうですか?😁
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
関西学院大学栗田ゼミです。私たちの栗田ゼミの活動は、国内から海外まで幅広く行っています。海外では、アフリカへの貧困調査のためマダガスカル・セネガルに渡航したり、国内では、農業・観光・教育・中小企業などの社会問題に対しての活動を行っています。ゼミ生の日常もたくさん載せていくので是非ご覧ください!

訪問者カウンター