fc2ブログ

記事一覧

【全体ゼミ】2021年度第21回合同ゼミ記録(11/5)~マダガスカルプロジェクト発表など~

はい!どうもみなさまおはこんばんいちは!K8のけんすけです!
最近はですね、新型コロナウイルスが少し落ち着きの傾向を見せ始めたので、

居酒屋で飲む
ことをしています!居酒屋で飲むっていうのは、ただ単にアルコールを摂取しているだけでなくそこにある空気感込みでお酒を飲めるのがいいなぁと改めて思います。

あと、最近アメリカ・フランス・スリランカなどの外国の旅の様子をドキュメンタリー形式 で撮影している映画をみたのですが、それもまた楽しくてただ外国の日常を表現している映画なのですが、また違った味があります。当たり前の日常を切り取っているのですが、当たり前だからこそそこに息づく、人々の生の営みがよりリアルに実感できるような気がするのです。生活感とでもいうべきなのでしょうか。観光に行くときには気づかないものがいろいろ分かってとっても楽しい映画体験でした!!

さて!前置きはこれくらいで終わりにして、今回は先週の11月5日(金)にあった第21回合同ゼミの記録です(ブログの更新が遅くなり申し訳ありません)!

早速様子を見ていきましょう!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~ビブリオ~

ー絵本ビブリオ

て!早速いつものビブリオ…となるところですが、今日から新たに「絵本ビブリオ 」がスタートします!!
絵本ビブリオはその名の通り、”絵本”を紹介するコーナーとなっております!
毎週BFCメンバーの誰かが自身の紹介したい絵本を2分30秒で紹介します(いつものビブリオは5分です)!

第1回目はK10のあやこがビブリオをしてくれました!!
K10:あやこ『こぶたくん』

こぶたくん 絵本 に対する画像結果

<PR>
こぶたくんの感性がいいことは親の教育がいいことを表しているのだと思った。親の教育方針が台詞や行動で随所に見られるため、ぜひそこに注目して読んでみて欲しいです!
親の教育が子どもにどのような影響を与えるのかがとても印象的でした!親の行動を細部まで読み取る子どもの力が最大限発揮されているのかなと思います。

ayako.jpg
これから毎週、このような形でBFCメンバーがチャレンジします!お楽しみに!


ー恒例ビブリオ

さて、いよいよいつものビブリオに移ります!今回のチャレンジャーは
けんすけ、こうしろう、ようこ、こうすけです!


1st Challenger:K9こうしろう『大岡弘武のワインづくり:自然派ワインと風土と農業と』
大岡 ワイン 本 に対する画像結果

<PR>
著者である大岡弘武氏が長年のフランスでのワインづくりを経て、岡山に来てからのことを中心に自然派ワインに関することからワインづくりについて著者が思うこれからの日本ワインの形を分かりやすくまとめたエッセイ本となっている。挿絵や写真での説明や専門用語も注意書きがあるので初心者の方やワインに苦手意識を持っている方にも読みやすい形式となっているので是非読んでいただきたい。

フランスと岡山の気候が似ていることで岡山でワインづくりを始めたそう!ワインのエッセンスを知りたい方は是非!
kousiro.jpg
こうしろうブレてごめんよ。でも発表は素敵だったぜよ








2nd Challenger:K10ようこ『人生は20代で決まる』
人生は20代で決まる に対する画像結果
<PR>
この本は2012年に出版され、全米でベストセラーとなりました。筆者である心理学者のメグジェイさんが日々のカウンセリングで接する若者たちの生の声をもとに、最新の心理学・社会学・脳科学などの成果を交えながら、一生を決定づける10年間の過ごし方を徹底解説している本です。人生を決める大切な10年間を生きている今、有意義な20代を過ごせるように、ぜひ読んでみてください!

あのメンタリストのDaigoさんがお勧めする本!恋愛や結婚相手の相性などもあってビブリオが盛り上がりました!
20代という人生をどう生きるか考えさせられる1冊です!
yoko.jpg
いい笑顔です!





3rd Challenger:K10こうすけ『空白の五マイル ~ チベット、世界最大のツァンポー峡谷に挑む ~』

空白の五マイル ~ チベット、世界最大のツァンポー峡谷に挑む  に対する画像結果
<PR>
この本ではチベットのツァンポー峡谷にある空白の五マイルと呼ばれる秘境をめざした筆者の姿が描かれています。数々の冒険家たちの挑戦をはね返した伝説の谷がツァンポー峡谷です。人類未踏の地へ命懸けの冒険をした単独行の果ての姿をありありと感じることができます。

山登りをすることでしか得られない体験や光景を求めるこうすけがカッコいいです!生と死が表裏一体であるからこそ、そこに飛びこむ姿がとても輝いて見えます。
jamanaseiya.jpg
こらこら、邪魔ですよせいやさん。先週たくさん登場したじゃぁないですか笑



4th Challenger:K8けんすけ『ドラえもん論』
ドラえもん論 ラジカルな「弱さ」の思想 に対する画像結果
<PR>
みなさん、ドラえもんの世界での「のび太」ってどのようなイメージを持っていますか?
「テストで0点ばっかとる」「スポーツ全然できない」「いつも逃げてばかり」、このような印象をお持ちではありませんか?それを「弱さ」とこの本では捉えています。ですが、筆者はこの「弱さ」は力が弱くて全然ダメだ、みたいな意味で使っていません。のび太はどんな困難があっても常に上を目指そうとしますし、他者(人間だけに限りません)にとてもやさしく接します。それはのび太が底知れない弱さを知り、受け入れてるからこそできる行動であると言えます。つまり、ここでののび太の弱さは「強さ」なのです。この秘密を知りたいからは是非とも手に取って読んでみてください!



S__29532166.jpg
最後のビブリオ、なんだかちょっと寂しいですね…


というわけで、結果発表に移ります!


結果は!!













第1位:けんすけ 21
第2位:ようこ 8
第3位:こうすけ 7





となりました!最後に1位になることが出来てとっても嬉しいです!!




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~K8&9のマダガスカルプロジェクト発表~


い!お次は、マダガスカルプロジェクト発表でございます!このマダガスカルプロジェクト報告は
来年のK10のみなさんがマダガスカルへ渡航したときへの参考、として発表をさせていただきました!

K8,9の合同で行いましたが、基本のベースはKのプロジェクトで、K9のみんなには追加で新たなエッセンスを加えるという形で発表しました。

一つの班ずつご紹介いたします~!

<橘班>
班は「VSLA金融教室プロジェクト」です!VSLAとは(Village Saving Loan Association)の略語で、
途上国などにおいて、お金の融資をグループで少額からできる制度のことです!

これがマダガスカルにあることでどのようなことがあるか!?

ループで融資を受けて、貯蓄を一緒に行います。なので、そこでは何か新しいビジネスにチャレンジしたいけど、リスクがある…そんな悩み・リスクをグループで分散させることでリスクを抑えてチャレンジできるのです!そして、このプロジェクトは「女性」を対象しています。女性がこのプロジェクトを通じてエンパワーメント(自信の不利な状況をなんとか乗り越える力、タフネス)をつけることも目的としています!

kazhutio.jpg

このプロジェクトはさらに!ただプロジェクトをするだけでなく、その知識も同時に身に着けてもらおうとする「金融教室」を行います。これで、マダガスカルの貧困を何とか脱しようとするわけです!




<中江班>
次は、私、中江班です。
中江班は「TASCAR:マダガスカルの子どもタスカルプロジェクト」という名前です。

まあ、
「給食で子どもの貧困改善しよう!」

と一言過ぎるまとめをするとなります。

一言でまとめるとすぐにでも実行できそうではあるのですが、実はこのプロジェクト、やることめっちゃあります
下の図を見てください。

スクリーンショット (291)




キッチンの準備から食材の調達方法まで準備は本当に多岐にわたります。
K9,10 の力を借りてよりよいものにしていきたいです。

<染谷班>
して最後は染谷班、正式名称「Project for Comprehensive Rural Support and Madagascar of PAPRIZs Diffusion」と言います。

これはパプリ(PAPRIZ)と呼ばれる、農場の肥料薬のセットのようなものをマダガスカルに配布するプロジェクトです。

ですが、ただ配布するだけじゃなくて普及させる「普及員」の育成、販売から何までこちらもやることは多岐に渡ります。
かも、染谷班はマダガスカルで執筆予定の論文の結果(性格特性など。BIG5など聞いたことありませんか??)をもとに普及員の選定や教育を実施するというなんとも高度な!

中江班と共通する課題ではありますが、パプリをどのように運搬するのか、などが問題です。
日本とは勝手が異なり、なかなか難しいです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
~K10のマダガスカルプロジェクトアイデア~
たちの発表を聞いてくれたあと、
K10全員でこのマダガスカルプロジェクトをどのようにしてよりよいものにしていくか、を話し合ってくれました!!

たとえば…
kyuushoku.jpg


わ…給食プロジェクトもこんなに。。。ありがとうございます!!


makoto_20211108101842f07.jpg



ああ、これは多分(いや、ほぼ)まことが書きましたね。貴重な意見ありがとうございます!


他の班にも…
VSLA.jpg



hissi.jpg
↑こんな感じで必死にみんな考えてくれています。本当にありがとう





K10が考えてくれている間、K8は半数ほどが参加できていなかったので、
K10のみんなの意見を取り入れて進めていきましょう!


来週はSmilocal論文報告(子ども・ホームレス・中小企業班)が待っておりますのでお楽しみに!
















では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
全体ゼミの記事に登場するのは本日で最後になるかと思います。
これまでおおよそ7か月間という短い間ではございましたが、
私の拙い文章を読んでいただきありがとうございます(まだ卒業じゃねぇよ!?)。
別のどこかでまた登場しますのでその時、お会い致しましょう。

それでは!         
K8けんすけ         

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター