fc2ブログ

記事一覧

【全体ゼミ】10月22日の全体ゼミ(K10によるSmilocal & TtW 報告)

こんにちは!K8 凜太朗です。
 
今週は急に寒くなり、秋を通り越して冬が近づいてきたような気がしますね。体調にはお気を付けください。
 
さて、昨日の全体ゼミでは ビブリオバトル K10によるSmilocal & TtW 報告を行いました!
 


ビブリオバトルの参戦者は以下の5名です。
 
K10 みさき 「気がつきすぎて疲れる」が驚くほどなくなる 「繊細さん」の本 ()武田友紀
【内容】
人と話すだけで緊張したり、細かすぎることまで気になってなかなか仕事などが終わらないなどといった「繊細さん」に向けた本です。変に気を使うことなく、ありのままでいることで「繊細さん」の気持ちは楽になります。
 
K10 ももか 百田尚樹の新・相対性理論: 人生を変える時間論 ()百田尚樹
【内容】
社会の基準は「時間」であり、それをどう使うかが人生の充足度を左右します。火を使うにしても、昔は火起こしをしていたのに対して、今ではスイッチ1つですぐにつきます。このように昔と比べて今では、人間が余暇として使える時間(心の充足度を高めることができる時間)が長くなってきています。そんな時間の使い方について、改めて考えさせられる一冊です。
 
K8 りんたろう 何もしない  ()ジェニー・オデル
【内容】
人間にはもっと注意を向けるべきものがあるのではないか。フィルターバブルの中に閉じ込められ、薄い共感で繋がっている関係性に依存することは、この先の挑戦や変化を諦めたことと同然です。見えない未来を嘆き、変えられない過去を誤魔化そうとするのではなく、現在と向き合い、踏みしめて歩み続けることが、将来につながると感じる一冊です。
 
K10 せな なぜか感じのいい人が気をつけていること ()山﨑 武也
【内容】
日常で出会う「感じのいい人」が気を付けていることについて、紹介がされています。人の話を聞きながら相槌を打つことや初対面の人との距離感の取り方など、さりげない心遣いを「感じのいい人」は行っています。少しずつ自分にも取り入れていくことで、「感じのいい人」に近づけるのではないでしょうか。
 
K9 なのか さよなら私  ()みうら じゅん 
【内容】
「自分」は見えない存在であって、知りたいと思う存在である。しかし「自分」など存在しないのだから自分探しはやめることを提示している。そう思うと気持ちも楽になるのではないでしょうか。読む人によって、受け取り方が大きく違うのも本書の魅力です。
 
 
今週のチャンプ本は、、

 

ももかの「百田尚樹の新・相対性理論: 人生を変える時間論」です!!
 
K103人は初めてのビブリオとは思えないほど堂々と発表していて、驚きました。


LINE_ALBUM_211022 K10報告_211023
 
 
ビブリオの後は、Smilocal & TtW 報告です。
 
今回はK10Smilocal & TtW挑戦したいことを中心に報告しました。
 
各班、少しずつではありますが内容を共有させていただきます。
 



まずはSmilocalです!!
 
農業 (ありさ)
【挑戦してみたいこと】
・農作物の販売(B級品マーケット、移動販売、スーパーなど)
・丹波篠山でマルシェを行う
 
後川外部への発信外部との交流後川での世代を超えた交流など、それぞれに合ったイベントを考えているそうです!ありさが調査の中で、後川の方から耳にしたニーズをもとに考案していました。初めての調査で、調査項目を聞くこと以外の会話を楽しめる余裕があるとは、凄いの一言です。
 
 
中小企業 (りの・みさき・しょうた)
【挑戦してみたいこと】
・月一の勉強会 ~中小企業とはなにか~
・中小企業の経営様おすすめの飲食店を掲載した冊子の配布
・経営者になる経緯の違いが直面する問題と売上への影響
 
飲食店、面白い着目ポイントだなと思いました。商談で使うような飲食店など、普段あまり使わないような店舗について気になります!3人から「自分たちも成長して、中小企業に貢献したい」という熱い気持ちが伝わってきました。それぞれが調査で心に残った「製品を通した近隣への貢献の大切さ」「モノ作りは人作りから」「従業員と経営陣の一体化」ということが、挑戦したいことに表れていました。
 
 
障がい者介護 (いずみ・こうすけ・まこと)
【挑戦したいこと】
・介護ロボットを実際に見たり体験し、その現状を知る
・軽度の障がい者と関わる(パラ大学祭への参加)
・行政が提供する介護・障がい者サービスの現状&課題を集約
 
報告から挑戦したいと思った経緯やその課題なども考えられていると感じました!コロナ禍やインタビューでの経験から着想を得ていました。また3つ目の挑戦したいことでは、複数地点への調査を行うことで意見の公平性を担保することの大切さを報告しており、驚きました。


LINE_ALBUM_211022 K10報告_211023_0
 


Moribito (あんず・たく・なおや)
【挑戦したいこと】
・丸太からコテージを作る
Moribitoの活動を学内外に広める(チラシや看板、SNSなど)
・花冠やブレスレット作り
 
皿池湿原での環境保全活動の際、三田市の方とお話したことから気付いたことを、実践に移そうとしていました!自然に興味がある人の視点あまり興味がない人の視点、両者を大切にしながら活動を楽しんでいくという想いが伝わってくる報告でした。また、活動への素直な想いが聞けたのはMoribitoのメンバーとしてとても嬉しかったです。
 


御所 (いろは・あやこ)
【挑戦したいこと】
・御所カレンダープロジェクト
・ごせ俳句コンテスト
 
御所への愛着度が上がるためにはどうすれば良いのか、しっかりと考えられていました。また「自分たちがまず御所について知ることが大切だ」とも話していました。とても元気のある報告で、聞いている人たちを惹きつける力が2人にはあるなと感じました。御所班では、食材も大学生が作る「子ども食堂」プロジェクトを開始しますが、K10も積極的に参加しています。


LINE_ALBUM_211022 K10報告_211023_3
 


子ども (ももか・あおい)
【挑戦したいこと】
・中学校の授業では教えてくれない知識(バイトの選び方や税金について、パワーポイントの使い方など)についての授業
・匿名お悩み相談アカウントの開設
 
中学生の視点に立ち、自分自身の経験から考えられた企画です。学びの幅を広げて新しい世界に出会える場を提供したいという想いが込められています。また、現状の活動をしっかりと把握しているからこそ、活動をより充実させるような案ばかりでした。
 


外国人 (れん・ようこ・せな)
【挑戦したいこと】
・在留外国人向けのMAP作成(採用情報などを掲載)
・日常で遭遇する場面での対応について共有する場の提供
・外国人コミュニティ作成の手助け
 
情報・言語・関係性という3つの壁を取り除きたいという想いから、これらは企画されています。当たり前だと思い込み、問題視していなかったようなことでも、外国人にとっては壁を感じることは多々あると思います。そういったことを改めて感じさせられる報告でした!
 


伝統芸能(ゆい)
【挑戦したいこと】
・職人さんに訪問
・京都伝統工芸学校に訪問
・伝統工芸品×○○
 
ゆいが感じた「伝統工芸品の敷居の高さ」を払拭し、伝統工芸品についてよく知らない人や興味がない人にも広げられる活動ができればと報告していました。特に3つ目ではたくさんのアイデアと掛け合わせることで、無限の可能性を秘めているなと感じます!
 


ホームレス (まよ・みれい)
【挑戦したいこと】
・小学生へのホームレスに対する認識改善
・ホームレスの方とのご飯会
 
「普段関わらない年代の方の人生を聞ける新鮮さ」「やりたいことに向けて頑張っている人生について聞ける面白さ」など、西成での調査を経験した2人の心情の変化なども報告されていました。これまでの活動を継続する中でも、K10が感じたことをいかして挑戦するという決意を感じられる報告でした!
 



 
ここからはTtWについてです!


BFC(みさき・たく・みれい・あんず・いずみ・あやこ・ももか・まこと)
【挑戦したいこと】

・図書館での途上国をテーマとしたイベント実施、活動紹介ブースの設置

・絵本の中へ飛び込もう!(絵本の世界観を体験できるイベント)
・一緒に歌おう!(1つの曲を世界中の子どもたちと共に歌い、動画にする)

・募金箱と看板のリニューアル

・絵本メニュー作成と絵本ビブリオ(募金活動で絵本をお渡しする際、内容ついても説明できるように)
・中国のSNS「小紅書」での発信
 
途上国の問題であっても自分事として考え、そういった試みを周りにも広げていこうという想いが伝わってくる報告でした。また「一緒に歌おう!」では、ダンスや歌を通した交流をしたいという「理想」とダンスや歌が苦手な人もいるという「現実」についても考えられており、配慮を忘れない姿勢が垣間見えました。


 
CHJ(れん・せな・ようこ・なおや・りの・あおい)
【挑戦したいこと】
・尼崎について現地の人と周辺地域の人にインタビュー
・宿、ホテルの特集
・処分される「銀のスプーン」やゴミを再利用したアクセサリー作り
・バリの方とのデザイン勉強会
・バリ島観光おすすめコースプラン作成
・ウダヤナ大学の学生とインスタグラム共同アカウント作成
 
コロナ禍でバリ島に行けない中でも、どうすればバリ島日本懸け橋になれるのかを必死に考えたことが分かる報告でした!1回限りの関係性ではなく、長期的なものにしていくという決意を感じることができました。また、尼崎の魅力を世界に向けて発信するということで、甘尼とのコラボも楽しみです。


LINE_ALBUM_211022 K10報告_211023_2
 
JAS (ゆい・しょうた・いろは・ありさ・まよ・こうすけ)
【挑戦したいこと】
JASが学生団体同士の交流を促せる活動を
・学生団体を知らない人でも楽しめるフェス
・全世代対象の経済学セミナー
・セミナーを行う学生支援団体の設立と運営
 
交流を深め、学生団体による大きな輪を作り、将来的には途上国での活動協力につなげたいという報告は、実現することが楽しみだなと感じました。学生団体との交流は、共感する部分があったり、新しく学ぶことがあったり、勉強になり刺激となることが多いです。その輪を大学生だけではなく、中高生社会人にも広げていくという想いを感じました。


LINE_ALBUM_211022 K10報告_211023_1



こんな魅力的な企画の数々を聞き、ともに実現に向けて頑張っていこうと改めて思うことができました。また、何よりもワクワクするようなものばかりで、K10が報告に向けて一生懸命に準備してきたことが感じられました。改めて、栗田ゼミの活動の幅広さを実感しました。これ以外にも防災甘尼の活動も行っております。


まだまだブログではご紹介しきれていない企画もありますので、今後のK10の活躍にご期待ください!!


K10のみなさん、素晴らしい報告をありがとうございました!そしてお疲れさまでした。


長文になってしまいましたが、最後までお読みいただきありがとうございました。


今日はこの辺で。


K8 凜太朗



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター