FC2ブログ

記事一覧

【防災班】防災福祉コミュニティの調査を開始しました!ん、防災福祉コミュニティって?

 こんにちは!防災班です!
 今回のブログはK7ゆうが担当します。

 ついに今年度の調査がスタートしました!これから神戸市各区で開かれている「防災福祉コミュニティ全体会議」に参加してどんどん調査票を配っていきます!

 防災福祉コミュニティ全体会議?
 そもそも何の調査?

 疑問等多々あるかと思われますので、今回の記事ではその点をご説明させていただきます。

 防災福祉コミュニティ全体会議とは「神戸市防災福祉コミュニティ」の代表者が年に一度各区消防署に集って行う会議のことを指します。

 防災福祉コミュニティとは何ぞや?という方々のために簡単にご説明しますと、防災福祉コミュニティとは神戸市に192もある自治会単位の自主防災組織のことです(通称 防コミ)。

スクリーンショット (113)

 防コミは主に防災訓練の実施や防災知識の啓発活動などを行っており、神戸市の地域防災の中心を担っている存在といっても過言ではありません。
 ただ訓練を運営するだけではなくて、毎年全ての防コミが各区消防署に出向き「防災リーダー研修」と呼ばれる講義を受けることも義務づけられています。人材育成についても力を入れているというわけですね!

 しかし、阪神淡路大震災から24年が経過した今、役員の高齢化、訓練に参加する若者の不足などが原因で防コミ運営の持続可能性が危ぶまれています。

 震災の教訓が風化しつつある今、私たちはこの現状に目を向け、昨年度より神戸市各区の防コミにアンケート調査を行い、防コミの運営体制の強化を目指して論文執筆に取り組んでいます。

 昨年度は74/192防コミの回答をいただき、そのデータをもとに論文を執筆しました!
https://kurikuriresearch.wixsite.com/bosai/blank-3
 (上記の防災班Webページにて閲覧可能です)

 そして今年度はさらなるサンプル数の拡大を目標に、各区の代表者が集まる会議に参加させていただき、調査協力の依頼をさせていただいております。

 どのように調査を行うの?
 実際にどこの全体会議に参加したの?

 これらについては次回以降の記事でどんどん書いていきます!
 次回は5/22に灘区消防署で行われた全体会議についての記事になります。
 乞うご期待!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント