fc2ブログ

記事一覧

【障がい者介護班】2021年度授業化①

 

みなさんこんにちは〜〜

K8ちさとです(^_)−☆

 

皆様お元気お過ごしでしょうか?

 

 

 

最近ばっかですねーー

洗濯外に干せないですね。布団も干せてないですね。

 

「こんな雨ばっかだと熱中症にはならないな」と思う方もいらっしゃると思いますが、こんな雨だからこそ注意ですよ!

外が湿気ると体内の水分出せなくなって熱中症になりますからね!本当に注意です!

 

 

だから暑い国や地域で辛いものが国民食となっているのは汗をかいて、体内の水分を意図的に出すようにしてるから、らしいですよ!

 

 

 

 

さてさて、今回からは先日無事終了した


2021年度授業化の様子」


を、数回に分けてブログでお伝えしますね^^

健介とワイ

(講義終わり、受講してるゼミ生と一緒に帰りました。まさかこんな当たり前のことなのにコロナで希少性が高まるとは、、、。この感じ、すごく「青春」感じませんか?)

 

 

関学での授業は4回行いました。

今回も今までと同様に株式会社グローバルウォーク様の元でインターンも開催させていただきました。

 

 

また、講師に幸地さんと湯谷さんにもお越しいただきました!!

毎年本当にありがとうございます!


私はこの授業に参加するのは2回目なのですが、毎回新たな発見があります。学ぶことが多くて頭がジーーンと熱くなる感じです。(前回は受講生として、そして今回は授業サポーター役として参加しました^^)

 

 

授業とインターンを合わせると合計約二ヶ月にも及ぶ授業でした。

自分で言うのもなんですが、この授業は毎回満足度が異常に高く



「勉強になる」


「人生でこんな経験したことなかった」



などなど、ほんんんっっっとうにみなさんの学びになっているようです。

 

 

第1回目の講義は、栗田先生から本講義の意義であったり、なぜ「経済学部で障害者のことや介護のことを学ぶのか」といったことをご教示いただきました。また、私から障害者や介護のことについての知識共有を行いました。

 

第2回目の講義ではマイテーマを決め、その後の授業でも、受講生でそれぞれが決めたマイテーマを深堀し、勉強試合ました。

 

3回目の講義では湯谷さんにお越しいただき、「福祉」について講義をしていただきました!

湯谷さん講義

↑湯谷さんの講義の様子

 

第4回講義は、受講生が講義とインターンで学んだことを発表しました!

 

 

まあ、「私からあれこれしました〜」なんてことは聞いても「ふ〜ん」で終わりそうなので、ここで受講生の感想を紹介します。

 

講義を終えて、「どうやった〜」とラフにインタビューしたときに答えてくれたものです。

 

 

まずは受講生N.K君の感想です。

 

インターンを通じて学べたことが本当にこの授業を履修して良かったと思っています。座学で学んだことをすぐにインターンに活かす機会があること、疑問をすぐに聞ける環境にあったことがすごくよかったです。インターンを通してのことですが、「人の充実や尊厳ってどのようなものだろう」と考えたのですが、選択する自由があることなのかなと感じました。障がいを持つ方にとって嫌悪感を思えるのは、「自由の制限」ではないかと思いました。例えばですが、施設の食事はとても栄養が整っていて身体に優しくて身体にちょうどいい分量で提供されます。それは身体にはとてもいいでしょう。しかし、精神にとってはどうかなと。決められた食事で別の食べ物を食べようとすることすら許されない。一方的に提供されることに充実感を覚えないのかと思いました。それは私たちにとっても同じだと思います。昨年の新型コロナウイルスの蔓延によって外出を本当に制限されたときは充実できない、と感じた方もいるかと思います。

 

身体的にケアをすればOK、という自分の中にどこかあった偏見を大きく覆す経験となり、偏見の色眼鏡を1枚はがせたような気持ちになりました。

 

N.K君 原文ママ)

 


素敵な感想ですね( ;  ; )

本当に、そうです。自分が見て感じて考え、行動するまでが一連の学びのように思います。


私の座右の銘は「知行合一」と言う言葉なんですが、とても大事だし、その通りだなと思います。







書き出すとすごく長くなってしまうので、まず「2021年度授業化の様子」の第一回目のブログはここまでです!次回も「2021年度授業化の様子」続きをお届けします!お楽しみに!

 

 

ではでは〜(^_)−☆

 

引き続きSTAY SAFEですよ!

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kurita Seminar

Author:Kurita Seminar
FC2ブログへようこそ!

訪問者カウンター